|

CULTURE

映画『X-ミッション』で世界最大980mの絶壁を登る“極限ロック・クライミング”撮影映像解禁!

『X-ミッション』“極限ロック・クライミング”撮影映像解禁

X-ミッション

2月20日公開の世界トップアスリートが前代未聞のノーCGで繰り広げる、最強リアル・アクション映画『X-ミッション』。
このたび、重要なシーンのひとつでもある世界最大980mの絶壁を登る、フリー・ロッククライミングに挑む壮絶な舞台裏をおさめたメイキング映像が解禁された!
本作の極限アクション・シーンの数々に、プロフリークライマーの二人、平山ユージさん、安間佐千さんも「やって命を落とすのも本望だろう(平山さん)」「自然と人間の関わり方を考えされられる壮大な作品(安間さん)」と絶賛!

「ワイルド・スピード」撮影監督だったエリクソン・コアが監督を務める本作は、若きFBI捜査官ユタが、エクストリームスポーツを駆使する謎の犯罪集団に潜入捜査し“極限のミッション”に挑むストーリー。
先読みできないハラハラドキドキの展開に手に汗握り、スリルたっぷりのドラマを通して仲間たちの絆も描かれている。
そして、“極限ミッション”1つに世界最大980mの絶壁を登る、フリー・ロッククライミングが登場!
本作を観た関係者の多くが「(本編シーンの中で最も)ハラハラドキドキした!」「これがノーCGなんて信じられない!」「一番手に汗握った!」と口にするこのシーンの壮絶な舞台裏が、絶景とともに収められている。

本シーンが撮影されたのは、ベネズエラに位置する、約980メートルの世界最大の落差を誇る滝エンジェル・フォール。
ほぼ垂直な岩壁を登るロック・クライミングシーンは、プロのクライマーが撮影に臨むも、その一部は、実際に俳優たちもこの超危険な撮影に挑んでいます。
ユタを演じたルーク・ブレイシーは「非常に危険で壮大な撮影だった。
二度とできない!」と真剣な表情で断言!また、犯罪集団のカリスマ的存在ボーディを演じたエドガー・ラミネスは、「高さ1000メートルくらいのところにぶらさがったりしたんだけど、滑って落下しないように気をつけたんだ。
もちろん頑丈なロープはつけていたけど、とにかく高いところだったからビビったよ!!」とインタビューで恐怖体験を語っており、2人の様子からいかに極限な状況で撮影したかが伺えた。

映画 『X-ミッション』特別映像(ロック・クライミング)【HD】2016年2月20日公開

出典:YouTube(ワーナー エンターテイメント ジャパン)

『X-ミッション』(原 題:POINT BREAK/公開:2016年2月20日)
■監督・撮影:エリクソン・コア (『ワイルド・スピード』撮影)
■脚本:カート・ウィマー『完全な る報復』『ソルト』
■原案:POINT BREAK
■出演:エドガー・ラミレス『ボー ン・アルティメイタム』、ルーク・ブレイシー『スパイ・レジェンド』、
テリーサ・パーマー『ウォーム・ボ ディーズ』、デルロイ・リンドー『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』、
レイ・ウィンストン『ノア 約束の 舟』
■配給:ワーナー・ブラザース映画
■コピーライト:(c) 2015 Warner Bros. Ent. (c)Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
114分 PG-12
■公式サイト:www.xmission.jp

■関連リンク

Official

■関連記事

極限リアルアクション映画 『X-ミッション』のオンライン限定予告映像解禁!

『GREENROOM FESTIVAL’16』2016年5月21日(土)、22日(日)に開催決定!

2016年1月30日(土)渋谷ユーロライブにて[Motorcycle Film Day]

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP