|

CULTURE

『OCEAN PEOPLES ’16』ビッグな第2弾出演アーティスト発表!

『OCEAN PEOPLES ’16』ビッグな第2弾出演アーティスト発表

『OCEAN PEOPLES ’16』ビッグな第2弾出演アーティスト発表

2016年7月9日(土)、10日(日)に代々木公園イベント広場にて開催される、海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバル『OCEAN PEOPLES ’16』からビッグな第2弾アーティスト発表された!今年も夏の到来を感じさせる素晴しいイベントで盛り上がろう!

Leyona

Leyona-2016

ジャンルを越えて音楽をこよなく愛するシンガー。ReggaeやBluesなど様々な音楽にインスパイアされた音楽性と、存在感のあるOne&Onlyなヴォーカルによって独自の世界観を表現している。
’99年デビュー以来、国内外のベテランから若手に至る様々なミュージシャンとのコラボレーションによって生まれた作品群がそれを実証している。
また、8月3日には6年ぶりの新作「わすれちゃうよ」リリース予定。

Michael Kaneko

Processed with VSCOcam with t1 preset

Come And Go (Live at Motion Blue Yokohama)- Michael Kaneko

出典:YouTube(michaelkanekomusic)

2013年、大学卒業後、本格的にライブ活動を展開しその名が音楽ファンに浸透し始める。
2014年、5月に渋谷ルビールームで初ワンマンライブを敢行、7月にはGREENROOM主催のフェスOCEAN PEOPLESに出演。
同年12月、作詞・作曲・編曲・歌・演奏・レコーディング全てを1人でおこなった自主制作アルバム『SOUNDS FROM THE DEN』をリリース。iTunes シンガーソングライターチャートで1位を獲得。
2015年、Kan Sanoが制作したJ-WAVEのステーション・ジングルにシンガーとして参加、現在も局の顔としてO.A.され続けている。また、ボーカルで参加した TOYOTAのWeb Movieが600万回超えの再生回数を記録、ほかにも Panasonic、イオン、花王 (ブローネ)、旭化成 (ジップロック)等のTVCMに起用され話題を呼んでいる。

NakamuraEmi

NakamuraEmi New

NakamuraEmi – 「YAMABIKO」 MusicVideo

出典:YouTube(ColumbiaMusicJp)

山と海と都会の真ん中で育ち幼少の頃よりJ-POPに触れる。カフェやライブハウスなどで歌う中で出会ったHIPHOPやJAZZに憧れ
歌とフロウの間を行き来する現在の独特なスタイルを確立する。
その小柄な体からは想像できないほどパワフルに吐き出されるリリックとメロディーは、老若男女問わず心の奥底に突き刺さる。
2016年1月20日、日本コロムビアよりメジャーデビューアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAUBEST』をリリース、収録楽曲の「YAMABIKO」が全国のCSやFM/AMラジオ52局でパワープレイを獲得し、高い注目を浴びている。
5月には東名阪で初のワンマンライブを開催することが決定。
圧巻のライブパフォーマンスはもちろん、今後大注目のアーティストである。

岩崎愛

岩崎愛

ミュージシャンである兄の影響でアコースティック・ギターに出会い、2011年3月ストレイテナーの日向秀和を中心としたミュージシャン有志による震災支援プロジェクト・HINATABOCCOに参加。
同年12月にはセルフプロデュース・アルバム『いっせーのーで』をリリースする。2012年には後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)のディレクションのもと『東京LIFE』をリリース。その年のNANO-MUGEN CIRCUITやCOUNTDOWN JAPAN 12/13にも参加。またRECORD STORE DAYやBLACK FRIDAYにアナログレコードにて新作を発表するなど 精力的に音楽制作&ライブ活動を行なっている。
そして2016年3月には初のオリジナルフルアルバム『It’s Me』をリリース。

OCEAN PEOPLES ’16

日程:2016年7月9日(土)・10日(日)
場所:代々木公園イベント広場
料金:無料
主催: OCEAN PEOPLES実行委員会

OCEAN PEOPLESとは

海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバルです。
海には、食、音楽、スポーツ、観光、環境など様々なカルチャーがあります。
そんな海を楽しみ、海を感じ、海について考えるきっかけにあふれたフェスティバルが OCEAN PEOPLESです。

■関連リンク

Official

■関連記事

海を愛する人たちのためのオーシャンフェスティバル『OCEAN PEOPLES ’15』 レポート

国内最大のビーチキャンプフェスティバル『GREENROOM CAMP’15』イベントレポート

国内最大のビーチイベント『SHONAN OPEN15』 イベントレポート

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP