|

DANCE

“TAISUKE”日本のブレイクダンスシーンを牽引する世界最高峰のB-BOY

“TAISUKE”世界最高峰のB-BOY

日本のブレイクダンスシーンに大きく影響を与えているダンサーの一人“B-BOY TAISUKE”。1990年8月3日、長崎県に生まれた彼の華々しいブレイクダンスキャリアは8歳からはじまる。
ブレイクダンスをはじめ「Cool Crew Jrとパパ」というチームを結成し、TAISUKE初となる大会「RAVE2001」でオーディエンス賞を獲得。ダンス歴たったの1年で挑んだ日本最大のブレイクダンス大会「JAPAN DANCE DELIGHT」では特別賞を受賞、その翌年には準優勝に輝いた。
11歳のころには世界最大規模のブレイクダンス世界大会「Battle of the Year 2001」に日本代表チーム「チームOHH」として参戦。見事準優勝の栄冠を勝ち取る。

2007年に拠点を長崎から東京に移し、同年9月、世界最強のソロB-BOYを決するブレイクダンスの世界大会「Red Bull BC One 2007」で日本代表として参戦したTAISUKEはベスト8に輝き、さらに翌年の同大会で準優勝を飾り、「個人で世界大会の準優勝に輝く」という日本人初の偉業を成し遂げる。
2014年に挑んだパリ開催の「Red Bull BC One 2014」でも、2008年以来2度目となる決勝に駒を進め、準優勝に輝いている。
そして、2015年10月24日にドイツはブラウンシュバイクで開催されたBattle Of The Year(BOTY)の本戦Finalで、TAISUKEをリーダーとする日本代表チームのThe Floorriorz(ザ・フローリアーズ)が見事優勝、日本代表チームの優勝は初の快挙で、日本B-BOY界に新たな歴史を刻んだ。
同大会でThe Floorriorzは2012年に準優勝、2013年にはベスト・ショーに輝いていたが、念願であったBOTY世界一の栄冠を手にすることになった。
日本のブレイクダンスシーンに影響を与え、日本B-BOY界に歴史を刻みつづけるTAISUKEのさらなる活躍が期待される。

BBOY TAISUKE – Top 10 Sets 5:23秒

出典:YouTube(AlkolikaTV)

INTERNATIONAL BOTY 2015 – THE FLOORRIORZ (JAPAN) SHOWCASE [BOTY TV] 6:16秒

出典:YouTube(Battle Of The Year)

■関連リンク

Official

Instagram

Facebook

Twitter

■関連記事

“Red Bull BC One World Final 2015”ワールドチャンピオンは弱冠21歳のVictor

ダンス世界大会で優勝を飾った“九州男児新鮮組”の圧巻パフォーマンスに世界が驚愕

Red Bull BC One Asia Pacific Final 2015 優勝は韓国のLeon!

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP