【GO BIG 2017 】FMXライダー上野祐己インタビュー

2017.10.27
名古屋メイ

“KENNY” UENO YUUKI

【インタビュー/FINEPLAY】Red Bull Athlete であった故 佐藤英吾により生み出され、日本でほぼ唯一のコンテスト形式の大会で日本のFMXシーンの進化、拡大に多大な影響を与えている「GO BIG」10周年を記念し、FINEPLAYでは出場ライダーにインタビューを行った。

上野祐己(ウエノユウキ)選手
ニックネーム:KENNY(ケニー)
1983年、34歳。東京都出身。マシンはYAMAHA YZ-250。
日本人初の「ランプキッズ」(モトクロスの経験が無いFMXライダー)。
単身で福島県鮫川村のモトパーク森を訪れ、バックフリップを習得し、著名アーティスト主催のイベントでFMXデモを実現させ、アメリカで東野貴行選手を始めとするビッグネーム達と練習をし、と武勇伝に事欠かない彼も、ベテランと言われる年代になった。
今は自分のスタイルを見付けるのに試行錯誤しているようだが、それもここまで歩んで来たからこその悩みだろう。

上野祐己(ウエノユウキ)

—GO BIG参戦は何年目ですか

KENNY:始まった時からだから・・・ちゃんと覚えてないけど、多分10年目です。

—あなたにとってGO BIGはどういうものですか

KENNY:ショーだけだと凄く攻める必要はないと思う。安全第一で。ショーに出ているだけだとそこで満足してしまうけど、GOBIGで自分に喝を入れて、そこで頑張ればショーでも上手くなれると思う。GOBIGは、自分に喝を入れるタイミングかな。

—今までのGO BIGで印象に残っていることがあれば教えて下さい

KENNY:普段やらない、新しく出来るようになったトリックを披露して、攻めすぎて転んでいる人がいたりして、凄く怖いけど、みんな熱いなって思う。みんな勝ちたいからそこまで攻める。GOBIGというと、その熱量が一番印象に残ってる。

—今年からマッチメイク方式になることについてどう思いますか?

KENNY:いくらコンテストだと言っても、お客さんの目の前で見せるものだから、お客さんがより楽しめるようになるならいいと思う。よりガチの勝負、って感じになるだろうから、見ていて絶対そっちの方が面白い。出場する自分にはあまり関係ないかな。でも、より負けた時の悔しさが強くなったり、違う感情が生まれたりするかもしれない。

—目標は何位ですか?

KENNY:ノーコメント。

—皆様に一言お願いします。

KENNY:頑張らなきゃ!と思ってます。頑張ります。お客さんは思いっきり楽しんで下さい。

上野祐己(ウエノユウキ)

GO BIG 2017 開催概要

名称:GO BIG 2017【全日本フリースタイルモトクロス(FMX)選手権】
主催:GO BIG 実行委員会
開催日時:2016年 11月 4日(土) 10:00 開場 10:30 開演 ウエストポイント・オフロードヴィレッジ [埼玉県川越市中老袋 150-1]
後援:バンザイマガジン
チケット:4,000 円(前売) 4,500 円(当日)※特別観覧席(スタンド)40 席限定もあります
※9月29日(金)18 時~ローソンチケットで発売開始(L コード:31932) URL:http://l-tike.com/sports/gobig2017/

執筆者について
名古屋メイ
ブライダルカメラマンになる筈がエクストリームスポーツの撮影ににハマってしまい、 日本中を撮り歩くようになる。撮り続けていれば、いつか佐藤英吾さん(日本のFMXを創った男) に逢えると信じて疑わない。趣味は木こり他、諸々ありすぎ。年齢は内緒。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング