日本初!公道でのFMX『FMX AIR JACK』の舞台裏

2017.12.18
名古屋メイ

日本初!公道でのFMX

それは、まるで、いつものように行われているFMXデモンストレーションのようだった。
2017年11月26日19時を過ぎ、MCが始まりを告げると、会場は排気音と歓声に包まれた。
ライダー達は声援に応え素晴らしいパフォーマンスを見せ、場内は興奮に満ちていた。
いつものデモンストレーションと違っていたのは、場所と観客の数だ。

FMX AIR JACK

photo:maynagoya

駅前の商業施設が並ぶ大通りが封鎖され、ランプは車道に設置された。歩道は観客席となった。
人々は幅の広い歩道を埋め尽くし、道の両側にある商業施設の2階通路まで人で溢れかえった。道行く人も足を止め見入って行く。
しかし混乱は生じなかった。誰もが笑顔と驚きの表情を浮かべている。これがFMXの力だろう。

FMX AIR JACK

photo:maynagoya

日本初、公道でのFMXデモンストレーション「FMX AIR JACK」は、かかわった人々すべての想いの上に、何一つ問題を起こすことなく、大成功で終わった。
こうして、「奇跡」は、経験と実績となった。

FMX AIR JACK

Rider:HTC/Hitoshi Takahashi、photo:maynagoya

ここでは主催者の阿部裕希氏のコメントと、大成功を支えた人々の姿を写真でお伝えしたい。不可能だと思われた「公道でのFMXデモンストレーション」という奇跡は、ここに写る人々と、ここには写っていない沢山の人々の努力の上に実現された。
彼らの姿を残したい、という筆者の提案は、そのまま阿部氏の強い希望でもあったことを付け加えておく。

FMX AIR JACK

Rider:WAKA/Yuuya Wakabayashi、photo:maynagoya

FMX AIR JACK主催、阿部裕希氏コメント
言い始めると、とめどなく感謝の言葉が出てきてしまいます。みなさま、ありがとうございました。一つの苦情もトラブルもなく、無事に終えることが出来ました。

『FMX AIR JACK』

photo:maynagoya

今回、苦肉の策でクラウドファウンディングを通じて皆様に支えて頂きました。
顔も名前も知らない方々が沢山支えて下さって、こんなに応援して下さる方がいるんだってことが、とても嬉しかったです。

『FMX AIR JACK』の舞台裏

photo:maynagoya

もし、僕と同じように、FMXデモンストレーションを自分の地元に呼びたいと思っている方がいらしたら、遠慮なく呼んで下さい。
それぞれの土地でイベントを作り上げていく人が出てきて欲しいです。

FMX AIR JAC

photo:maynagoya

僕にはTOYOTA ROCK FESTIVALという活動する場があります。その中のFMXショーケース「FMX AIR JACK」の価値を上げていきたい。見ごたえのあるイベントを作って、広告を出してもらえる価値を上げていきたいです。
今までは自分が「見せたい」という気持ちで動いて来ました。
これからは「観たい」という声がもっと聞けるようになりたい。

『FMX AIR JACK』の舞台裏

photo:maynagoya

[FinalTilesGallery id=’46’]

開催概要

開催日:2017年11月26日(日)
時間:18:30~
会場:愛知県豊田市「KiTARA」前
県道342号豊田市停車場線
入場無料、クラウドファウンディング支援者へのVIPエリア有

執筆者について
名古屋メイ
ブライダルカメラマンになる筈がエクストリームスポーツの撮影ににハマってしまい、 日本中を撮り歩くようになる。撮り続けていれば、いつか佐藤英吾さん(日本のFMXを創った男) に逢えると信じて疑わない。趣味は木こり他、諸々ありすぎ。年齢は内緒。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング