フリースタイルフットボールのアジア大会「APFFC 2018」でHiro-Kが優勝!

2019.01.30
Tanaka Hiromu

フリースタイルフットボールのアジア大会「Asian-Pacific Freestyle Football Championships 2018」が、2018年12月13日(木)と14日(金)にベトナム・ホーチミンで開催され、日本のHiro-Kが初優勝を果たした。日本からは、ふじ、じゃがいも(Jaga Potato)、Gyo-Za、Daichi、Hiro-Kの5選手が参戦し、全員が14日(金)の決勝トーナメントに進出した。また、ジャッジには横田陽介が名を連ねている。

Hiro-Kは決勝で前回大会王者のPWG(フィリピン)を下し、3度目の出場で自身初のアジア王者に輝いた。なお、今大会に最年少で出場したDaichiはベスト8に進出している。

【日本人成績】

優勝:Hiro-K
ベスト8:Daichi
ベスト16:ふじ
ベスト32:じゃがいも(Jaga Potato)、Gyo-Za

APFFC 2018

大会名:Asian-Pacific Freestyle Football Championships 2018
日程:12月13日(木)〜14日(金)
会場:ベトナム・ホーチミン
出場資格:アジアとオセアニア2カ国(オーストラリア、ニュージランド)の国籍保有者

記事提供:日本フリースタイルフットボール連盟(JF3)

関連キーワード
執筆者について
Tanaka Hiromu
フリーランスのライター・編集者として、メジャースポーツからマイナースポーツまで幅広い競技を取り扱う。学生時代はフリースタイルフットボーラーとして活動し、現在も競技の普及・発展に携わっている。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング