|

INTERVIEW

【独占インタビュー】フリーサーファー宮澤武男

【独占インタビュー】フリーサーファー宮澤武男

フリーサーファー宮澤武男

年間300日海に入るフリーサーファー

【FINEPLAY】年間300日、1日最長12時間も海に入り続けたことがある61歳にして現役バリバリのフリーサーファー宮澤武男がFINEPLAYのインタビューに応じた。

—サーフィンを始めたきっかけ?

宮澤:当時はスキーとテニスをやってたんだけど、結婚して住んだ場所が茅ヶ崎の海の目の前で、従兄弟に誘われてはじめたんだけど、残ったのは俺だけ(笑)。
ショートボードから始めて全然できなくて挫折したんだけど、友人からハービー・フレッチャーのロングボードを買って、やったら乗れたんだよね。それでどんどんハマった感じかな。

—サーフィンを始めて何年くらい経ちますか?

宮澤:34年くらい。

—年間にどれくらい海入ってるんですか?

宮澤:昨年の6月で会社辞めてちょうど1年経つけど、ざっくり300日くらい入ってるかな。
スネからヒザサイズの波でも入るし、波ないときはSUPとかやってるから。海で会うみんなには「毎日入ってるね」って言われる(笑)。仕事やってたときは制限あったからそこまで行けなかったけどね。

宮澤武男
—入る時は何時間くらい?

宮澤:その日やコンディションによるけど、5、6時間くらいかな。最長は朝6時から夕方6時までの12時間(笑)。
長くやればいいってもんじゃないって言う人もいるんだけど、俺は違って長くいればいるほどいい波に出会えると思ってる。あとロングボードだから大丈夫なんだと思う。

—海入る時の1日のライフスタイルは?

宮澤:鎌倉・七里ヶ浜で大体入ってるんだけど、 海から上がったら湘南のよく行くレストラン(レッドロブスター江の島店)でランチにコーヒーブレイクしながら読書してる。家も片瀬山で近いから大体この辺が行動範囲。
家の庭にはウッドデッキとバナナの木あるし、2階からは富士山が見える。自分にとっては贅沢な環境だよ。

フリーサーファー宮澤武男
—昔から入ってるポイントは湘南ですか?

宮澤:最初は茅ヶ崎の西浜、かぼちゃ、チサン、片瀬山に引っ越してから鎌高前、こじき、峰ヶ原、正面辺りでやってた。

—今よく乗っている板は?

宮澤:BICの10fに15年くらい乗ってるけど、最近はAGWの板。
最初はハービー・フレッチャー、遠藤勇一シェイプのGEARS Surfboards、ドナルド・タカヤマ、あとパイプラインのポイントの名付け親としても有名なマイク・ディフェンダッファーがシェイプした板も乗ってた。
ドナルド・タカヤマは友人のコネクションで本人にシェイプしてもらったこともあった。当時シェイプしてもらって送ってもらって7万円はすごく安かった。2本目頼もうと思ったら、ロングボードバブルで直接頼めなくなった(笑)。

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP