Street & Action Sports
OTHERS
2017.08.20

プロフットバッグプレイヤー石田太志が世界3位に輝く!

FINEPLAY編集部
OTHERS
2017.08.20
プロフットバッグプレイヤー石田太志が世界3位に輝く!

8月6日-12日、アメリカ・ポートランド・オレゴンコンベンションセンターで「38th WORLD FOOTBAG CHAMPIONSHIPS」が開催され、日本から唯一参戦していた石田太志(TAISHI ISHIDA)が「シングルルーチン」部門で見事世界3位に輝いた!

石田は今大会、「サークルコンテスト」、「フリースタイル」、「シュレッド30」の3部門に出場し、2014年に優勝した「シュレッド30」は7位、「サークルコンテスト」は5位とまずまずの成績を残し、残った「シングルルーチン」ではノーミスで演技をやりきり3位に輝いた。

「WORLD FOOTBAG CHAMPIONSHIPS」は毎年開催国を変えて7月-8月にかけて約1週間行われる世界最高峰のフットバッグ世界大会で、「サークルコンテスト」、「フリースタイル」、「シュレッド30」以外にも多数の種目が行われる。参加国は約20カ国、出場者は約150名。

Worlds 2017 Open Routines Finals Taishi Ishida

出典:YouTube(Freestyle Footbag)

プロフットバッグプレイヤー石田太志が世界3位に輝く!

プロフットバッグプレイヤー石田太志が世界3位に輝く!

プロフットバッグプレイヤー石田太志が世界3位に輝く!

石田太志コメント

今回アメリカ・ポートランドで行われた世界大会に日本人1人で参戦し、「シングルルーチン」部門世界3位になる事ができました。
以前に優勝したことのある「シュレッド30」部門は一発勝負でその時の出来によって結果にバラつきが出ますが、今回の「シングルルーチン」部門に関しましてはそのまま持っている技術が反映されやすいものですので前回の4位よりも1つ順位を上げて表彰台に立てた事は良かったです。
トップとの差も0.06以下というとても僅差だったので悔しい部分もありますが自分の持っている力全てを出し切り、ノーミスで演技をできました。
1人で心細い時もありましたが、皆さんの応援を思い出し、大会に臨むことができました。
また来年ブルガリアで世界大会が行われますので引き続き世界一を目指し、日本にフットバッグの文化を広げていきたいと思います。

38th World Footbag Championships

開催国:アメリカ・ポートランド(フットバッグ発祥の地)
開催日:2017年8月6日~12日 
会場:ポートランドコンベンションセンター
主な競技:フリースタイルフットバッグ/フットバッグネット
参加国(人数):参加国は約20カ国、出場者は約150名

フットバッグとは

フットバッグは、直径5センチほどのお手玉のようなバッグ(ボール)を手や腕を使わずに、主に足を使って蹴るスポーツの総称で、1972年にアメリカの医者が膝を手術した患者のリハビリ用に靴下に豆を詰めて蹴ったのが発祥。

写真提供:石田太志

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
史上最強 エクストリームスポーツの祭典!! CHIMERA GAMES Vol.4
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY