|

OTHERS

レッドブルアスリートと一緒に「Wings for Life World Run 2016」を追体験しよう!

1月20日(水)「Wings for Life World Run 2016」体験イベントを駒沢で開催!

画像:Naoyuki Shibata for Wings for Life World Run

2016年5月8日(日)20時(協定世界時午前 11 時)より、世界6大陸34ヶ所以上の会場にて同時にスタートするランニングイベント「Wings for Life World Run 2016」。
昨年5月、日本でも初開催された同イベントは、世界6大陸、33か国で7万人を超えるランナーが参加。世界で同時にスタートし、世界チャンピオンを決めようという前代未聞なレギュレーションは、かつてないワールドワイドなランニングイベントとして好評を博している。
その2016年の開催を記念して、「Wings for life World Run」の世界観を体感できるイベントが、来たる1月20日(水)、東京・駒沢公園で行われるコトとなった。

「Wings for life World Run」 は世界同時にスタートするだけでなく、ゴールが後ろから追いかけてくるという ユニークなランニング・イベント。決まったゴールがあるわけではなく、ゴール設定は自分自身が決めるため自分の限界への挑戦の他、チームで参加いただける「チームラン」 で仲間と一緒に走るという楽しみ方もある。
体験会では、100km マラソン世界記録保 持者の砂田貴裕氏がキャッチャーカー役として参加者を後ろから追いかけるため、ゴールに追いかけられるのを体験できる。また今回レッドブル・アスリートをチームリーダーとしたチームに参加することでレッドブル・アスリートの仲間になり一緒に走るチームランも楽しめる。
2016年のアンバサダーを務めるのは 2015 年に引き続きレーシング・ドライバーの小林可夢偉選手、100kmマラソン世界記録保持者の砂田貴 裕氏に加えて、新たに日本せきずい基金の大濱眞理事長とエクストリーム・ペインターのTAKA。

今回の体験イベントには5名のレッドブルアスリートも参加するのでご紹介しよう。

BMXフラットランドの世界チャンピオン「内野洋平」

画像:Hiroyuki Orihara/Red Bull Content Pool

フリースタイルフットボールの世界チャンピオン「徳田耕太郎」

画像:Naoyuki Shibata/Red Bull Content Pool

世界でその名を広く知られているプロウェイクボーダーの「手塚翔太」

画像:Naoyuki Shibata/Red Bull Content Pool

プロサーファーとして国内外で活躍する「新井洋人」

画像:Kenyu Takahashi / Red Bull Content Pool

日本人プロゲーマーとして初めてアスリート契約を結んだ格闘技ゲーマー「ボンちゃん」

画像:Jason Halayko/Red Bull Content Pool

以上5名のレッドブルアスリートが参加者と共に走るコトが決まっている。
本番の「Wings for Life World Run」には、参加者個人がどこまでキャッチャーから逃げるコトができるのか?というメインストーリーの他に、「TEAM RUN」と呼ばれるチーム対抗ランキングが作られるサイドオプションがあるが、今回の体験イベントではこれを模して参加者を5つのチームに色分け。
レッドブルアスリートが各チームのリーダーとなり、チーム対抗戦で競う部門も併設する。個人で走りながら、チームメイトを応援するといった面でも、「Wings for Life World Run」の世界観を体験できるのである。

「Wings for Life World Run 2016」体験イベントエントリーフォーム

That was the Wings for Life World Run 2015

「Wings for Life World Run 2016」体験イベントエントリーフォーム

<体験会実施概要>

タイトル: Wings for Life World Run 体験会
日時: 1 月 20 日(水) 16:00~17:00 体験会(15:30 受付開始)
会場: 駒沢オリンピック公園陸上競技場(世田谷区駒沢公園 1-1)
内容: Wings for Life World Run の体験ができるイベント(200 人)
参加者: 砂田 貴裕(キャッチャーマン)100km マラソン世界記録保持者
内野 洋平(BMXフラットランドの世界チャンピオン)
徳田 耕太郎(フリースタイルフットボールの世界チャンピオン)
手塚 翔太(プロウェイクボーダー)
新井 洋人(プロサーファー)
ボンちゃん(髙橋正人/たかはしまさと) ウルトラストリートファイターIV

「Wings for Life World Run 2016」体験イベントエントリーフォーム
 

Wings for Life World Run とは

脊髄損傷治療法の発見に取り組む研究に対して資金援助を行う非営利団体 Wings for Life 財団をサポートするために行うイベントで、イベント参加費の全額と同額を財団に研究助 成費として寄付します。
2014 年に初開催、日本での初開催は 2015 年 5 月 3 日(日)に滋賀県高島市で開催しました。
2015年は世界6大陸33か国35ヶ所の会場で男女73,360人が参加し(初開催の日本大会では2,412人がエントリー、当日は2,024)人が参加)、全体で約420万ユーロ(約5億6千5百万円)にもなり、Wings for Life財団の支援に使われています。

■関連リンク

Official

「Wings for Life World Run 2016」体験イベントエントリーフォーム

Wings for life World Run YouTube

■関連記事

“徳田耕太郎”史上最年少で世界王者になったフリースタイルフットボーラー

“手塚翔太”ダイナミックなエアーを武器に活躍する天才ウェイクボーダー

“新井洋人”Red Bullから唯一サポートされている日本人プロサーファー

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP