『OCEANTREE ep.2』特別上映イベントが湘南T-SITEで開催! 石川拳大がサーフィンの原点に立ち返る

2021.12.15

サーフィンの原点に立ち返る・・・。フリーサーファー石川拳大(いしかわ・けんた)とカメラマン八神鷹也(やがみ・たかや)が制作した『OCEANTREE ~ The Jorney of Essence ~』の第2弾を特別上映! 場所は藤沢市の湘南T-SITE 2号館2階シェアラウンジ。映画公開を記念し当日は、2人のトークショーが開催される。映画内でBGMを担当するミュージシャンのミニライブも行われる予定だ。

OCEANTREE 第2弾 予告編

OCEANTREE projectについて

2017年にフリーサーファーの石川拳大とシネマトグラファーの八神鷹也が大学の卒業制作として、「自然と共に生きること」をテーマに掲げたプロジェクト。もともとは「サーフィンをもっと深く理解したい」という想いから、サーフボードの原点である「アライア」と共に学生2人が旅に出たことがきっかけだ。

石川拳大

自らの手で作り出したアライアで波に乗ると、目の前にあるモノ・人・自然など全てが『当たり前』の存在ではないと気づく。サーフィン原点回帰の旅はいつしか、若者2人がこれからの人生を本気で考えるための「本質探しの旅」へと変わっていった。

新しいモノがすぐに手に入るこの時代に、全ての人が全ての存在に改めて感謝の気持ちを持てたら、そこにはきっと『皆が幸せ』と感じる世界があるのではないか。こんな大きな想いがサーフィンを通じて、映画として共有される。

OCEANTREE episode2 あらすじ

サーフィンの原点である「アライア(木製サーフボード)」を題材にサステナブルな暮らしを発信するドキュメンタリー映画『OCEANTREE ~ The Jorney of Essence ~』。

石川拳大とアライア

第1弾から4年ぶりの発表となる本作では、堤淺吉漆店4代目となる堤 卓也(つつみ・たくや)さんと共に「漆アライア(木製サーフボード)」を制作する。

今から1200年以上も前に平安京を築くために繁栄した京都市・京北地域の山で採れた杉の木で、サーフボードが制作されるのは史上初のこと。

「山・里・川・海」の大きな循環とつながりを表す1本の遊び道具で、最後には京都の北部に位置する日本海の波を滑りおりる。日本人が大切にしてきた『地産地消の文化とサステナブルな暮らし』を、サーフィンを通じて全世界に向けて発信する。

アライアとは

古代ハワイではアライアといった一枚板の木製サーフボードでサーフィンが楽しまれていた。サーフィンの歴史には様々な説があるが、「波に乗る」原点としては漁業を終えた漁師が帰りに丸木舟(カヌー)で波に乗ったことが、「遊び」としてアライアに発展したのではないかと考えられている。現在でもハワイを中心に、アウトリガーカヌーサーフィンが文化として根付いている。

OCEANTREEがアライアを題材にする意味としては、一枚板の木製サーフボードがとてもシンプルだから。新しいモノがすぐに手に入るこの時代に、「シンプルな物にある奥深さと喜び」を表現したいという想いがOCEANTREEの作品には込められている。

イベント詳細

日程:2021年12月18日 (土)
時間:19:00 (18:45開場) ~20:30
場所:湘南T-SITE2号館2階 SHARE LOUNGE
定員:60名
ゲスト:石川拳大、八神鷹也、MIO、Reon
主催: 湘南 蔦屋書店 / OCEANTREE PROJECT

[申込方法]
オンラインショップ(湘南 蔦屋書店ヤフー店)でお申し込みください。

[参加費](税込)
①アルコールプラン 3,300円
(イベント参加とシェアラウンジアルコールプラン2時間付き)
②ソフトドリンクプラン 2,540円
(イベント参加とシェアラウンジソフトドリンクプラン2時間付き)
③お子様(小学生以下)同伴1名 550円
※お子様プランは保護者の方の同伴をお願いします。

イベントゲスト

石川拳大 / Kenta Ishikawa

1994年生まれ湘南出身、プロサーファー。家族の影響で4歳からサーフィンを始める。高校時代はオーストラリアのゴールドコーストに4年間留学。大学では卒業制作に映画『OCEANTREE ~ The Journey of Essense ~』を発表。現在は日本情報通信株式会社 (NI+C) のアスリート社員として、国内外の大会に参戦。また、SFJの事務局長として海の保全活動も活発に行う。

<主な実績> 2014年・2015年 全日本学生サーフィン選手権大会 優勝 / 2015年・2018年 全日本サーフィン選手権大会 優勝 / 2016年 ISA世界大会 日本代表 / 2018年WSL湘南オープン4位 / 2016年・2017年・2018年・2019年 日本代表 強化指定選手

八神鷹也 / Yagami Takaya

1994年生まれ湘南出身、シネマトグラファー。アーティストだった祖父の影響で小学生の頃は絵や写真が好きだった。テレビに映った綺麗な海と波に乗る俳優の姿を見て13歳でサーフィンを始める。友人とスケボーやサーフィンを撮るのが趣味になり、16歳から映像業界に本格的に飛び込みアシスタントで番組・CM・PV・PRやリオオリンピックのCMに携わる等様々な現場を経験。20歳を機に活動の場を海外に広げ、航空会社のPRや絵描きxダンサーを追ってドキュメンタリーで世界一周する等、表現の幅は多岐に渡る。

MIO(シンガーソングライター)

1997年生まれ。高校卒業後、ワタナベエンターテイメントカレッジにてシンガーソングライティングを勉強。その後、R&Bガールズコーラスグループのメンバーとして、作曲家、今井大介さんプロデュースのもと、都内のクラブを中心に活動、BENIさんのツアーのバックコーラスもつとめた。グループは2019年に解散し、2020年からソロ活動をスタート。2021年今年6月にインディーズデビューを果たし10ヶ月間連続シングルをリリース中!“音楽を通して自分探しの旅”プロジェクトをスタート!また、アメリカロサンゼルス発祥エクササイズPop Pilatesのインストラクターとしても活動予定!Fitness×Music の融合を実現させていく!

Reon(ウクレレ奏者)

母親がフラをやっていた影響で6歳よりウクレレを始め、地域高齢者向けのコミュニティサークルで基礎等を学ぶ。中高で生活のリズムにより一旦ウクレレとは疎遠となるが、大学受験の際、息抜きで再び手を出し辞められなくなる。その後、独学で腕を磨きLIVE活動など精力的に行うなか、ふと演奏動画を上げたインスタグラムでジェイクシマブクロ氏の目に止まり、リポストされたことからSNSを中心に注目を浴び現在に至る。

 

新型コロナウイルス感染症感染予防について

【演者及びスタッフの感染予防対策】
①イベント前の検温・確認
②体調不良時、体温37.5℃以上時の出勤の停止
③手指の定期的な消毒の徹底
④マスク着用の徹底及び咳エチケットの徹底

【お客様へのお願い】
①ウイルス感染の可能性のある方、体調のすぐれない方はご参加をお控えください。
②ご来場時のマスク着用は必須とさせていただきます。
③咳エチケットの励行にご協力をお願いいたします。
④手指の消毒にご協力をお願いいたします。

 

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
12月 2022
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 11月   1月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧