Next Generations x GoPro Special Session 新時代のアスリート – 「SNSアスリート」のクリエイティブスタイル – SIW2021 レポート

2021.12.19
左から山下泰広、YUUTAROU、西窪友海、普光江新
text by 橋田 樹台

一般社団法人渋谷未来デザイン(以下、渋谷未来デザイン)をはじめとするSOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA実行委員会は、「 HELLO! IDEA. 」というスローガンの下、カンファレンスや体験プログラムが開催される都市型イベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2021 (以下SIW)」を11月5日(金)〜14日(日)の10日間で開催した。 今年も去年と同様、 SIWは渋谷エリアの多拠点会場とオンライン配信を並行して行われた。

今回は「Next Generations x GoPro Special Session新時代のアスリート – 『SNSアスリート』のクリエイティブスタイル – 」のセッションのレポートをお届けする。

11月12日の金曜日、13:00~15:00、TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア シェアラウンジにて「Next Generations x GoPro Special Session新時代のアスリート – 『SNSアスリート』のクリエイティブスタイル –」のトークセッションが行われた。

スピーカーは、 トライアルライダーの西窪友海 、パルクールの人(トレーサー)YUUTAROU、GoProクリエイターの普光江新 、GoPro Media Relations Managerの山下泰広、の4名。更にNext Generations プロジェクトデザイナーの上野桂を加えた5名でトークセッションが交わされた。

近年、SNSの登場により、様々なマーケティングやPRの手法・取り組みが変わってきたが、その変化はアスリートにも新しい可能性をもたらした。この変化をいち早く捉え、自身の活動に取り込んで新しい道を切り開いた先駆者をこのセッションでは「SNSアスリート」と呼び、自身の活動でどんな変化や価値が生まれたのかが話されている。

次世代のアスリートを応援するNext GenerationsとGoProのタッグによる、アスリート、表現者、クリエイターにアイデアとヒントが盛りだくさんのセッションであった。

誰が見ても楽しめる映像を

「誰が見ても楽しめる映像を作っていきたい」。そう語るのはトライアルライダーの西窪友海。

西窪友海

西窪:僕は7、8年前、自らの練習動画を「スゴ技集」といったかたちで YouTubeに動画投稿を始めました。でも、世界で僕だけしかできない技を投稿しても全く再生数が出ずに、伸び悩んでいました。

そんな中、他の海外の動画を見ていて「見られる映像」というのは、「競技者じゃなくても楽しめるストーリーがあること」だと自分自身で気づきました。競技者全員が僕の映像を見てくれても総再生数は限られますが、地球上にいる70億人が全員見てくれると考えれば、また視点が変わってくると思います。なので「みんなが楽しめるストーリー」の中に僕の自転車のスキルを入れ込むことを意識して動画を作っています。

YUUTAROU

YUUTAROU:僕もSNSが主流になってきた当時から、自分の写真やパルクールの練習動画を記録用として投稿していました。その中で「パルクールを知ってもらう」ためには練習動画を投稿するだけではなく、「面白いものに寄せて表現の幅を広げていこう」と思うことはありました。僕が「トレーサー」ではなく「パルクールの人」という肩書きを使っているのも、「パルクールを広めるという観点で一般の方にも分かりやすく伝わるように」という理由があります。

SNSごとの使い分け

YUUTAROU:僕はInstagramとTikTokで、投稿する動画やタイミングは分けています。Instagramは特に、プレイヤーの方たちも見てくれるのでカッコいい動画を投稿するようにしています。

西窪:僕は、TikTokは完全に「トライアルバイクを知らない人に知ってもらうプラットフォーム」だと思っています。TikTokはおすすめ欄から競技を知らない人も僕の動画見てくれます。なのでキャプション(テキスト)は誰が読んでも分かるようなキャプションにしています。競技の専門用語は一切使っていません。逆にInstagramは同じ競技者にリスペクトして貰えるような動画やキャプションにすることを意識して使い分けています。

互いに求め、求められるもの

山下泰広

山下:今はどこの企業もアスリートやインフルエンサーの「発信力」を求めていると思います。その中でただ写真を投稿するだけではなく、常に映像のことを考えて、クリエイティブな動画を発信してファンがつく、という流れが日本では少ない気がしています。そういう意味で二人はとてもユニークな存在だし、映像をキッカケにスポンサーがつくなどと、良いロールモデルにもなっていると思います。

普光江新

普光江:僕はクリエイター目線ですが、アスリートの方は映像のクリエイタ―を求めていると思うし、映像クリエイターもまた被写体を求めていると思います。まずは自分から発信してアウトプットして、そこからお互いがコンタクトしていく事がまずは大事かなと思っています。SNSで思い切ってメッセージを送ってみたらクリエイターと繋がれることもあるし、そこから更に発展していく事もあると思っています。

左から山下泰広、YUUTAROU、西窪友海、普光江新

最後には4名が「アイディアの短冊」に想いを綴り、このセッションを締めくくった。

また、こちらもアーカイブ配信がオフィシャルYouTubeチャンネルから視聴可能である。詳しくは下記からチェックしていただきたい。

Next Generations x GoPro Special Session新時代のアスリート – 「SNSアスリート」のクリエイティブスタイル –

SPEAKER:西窪友海、YUUTAROU、普光江新、山下泰広
<日付>11.12 FRI
<時間>13:00-15:00
<場所>SHARE LOUNGE
<オンライン配信>オフィシャルCH

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
1月 2022
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
« 12月   2月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧