「NEWカルチャー:新しい日本が生まれる」SIW2021 レポート

2021.12.18
左から落合知也、宮本美保、石川勝之、長田新子
text by 橋田 樹台

一般社団法人渋谷未来デザイン(以下、渋谷未来デザイン)をはじめとするSOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA実行委員会は、「 HELLO! IDEA. 」というスローガンの下、カンファレンスや体験プログラムが開催される都市型イベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2021 (以下SIW)」を11月5日(金)〜14日(日)の10日間で開催した。 今年も去年と同様、 SIWは渋谷エリアの多拠点会場とオンライン配信を並行して行われた。

今回はFINEPLAY編集部が厳選した注目のセッション、「NEWカルチャー:新しい日本が生まれる」 のレポートをお届けする。

11月8日の月曜日、12:30~13:30、渋谷キャストにて「 NEWカルチャー:新しい日本が生まれる 」のトークセッションが行われた。

スピーカーは、日本ダンススポーツ連盟ブレイクダンス本部長、株式会社IAM代表取締役の石川勝之 (BBOY Katsu One)、東京五輪スケートボード(ストリート) 日本代表コーチの宮本美保、 東京五輪 3×3バスケットボール日本代表の落合知也、の3名。更にSIWエグゼクティブプロデューサーの長田新子を交えた4名でのトークセッションとなった。

当セッションでは、近年オリンピックでの活躍も目覚ましく、盛り上がりを見せている「ストリートスポーツ」について、カルチャーとしての側面など様々な視点から、それぞれの分野で活躍してきた3名が語り合った。

カルチャーからオリンピック競技へ

普段自分たちがやっている「ストリートカルチャー」がスポーツとしてオリンピック競技になると決まった時は、「違和感を感じた」と話すのは落合知也。

落合 知也

落合:3×3が競技として整備がされていないなかで、オリンピック競技になることは半信半疑でした。でも世界中で色々な人が年々ステップアップして競技を作っていったので今回のオリンピックではしっかりとした競技になったと思います。選手もスタッフも共に試行錯誤しながら、 ストリートのカルチャーだったからこそここまで競技として成長していけたと思っています。

宮本 美保

スケートボード競技の宮本美保も「私たちはスケートボードをスポーツとしてやってこなかったので違和感しかなかった」と語る。

宮本:これがスポーツになってしまって、みんなが大会だけを目指す遊びになってしまったら「カッコいいスケートボードでは無くなってしまう」という考えが周りでも多かったです。でもオリンピックに向けて進めていくうちに、「カルチャーの中でやっていくスケーター」、「アスリートとして大会を目指すスケーター」、がそれぞれの良さを認め合うといった、良い想いに変わっていった実感があります。

石川 勝之( BBOY KatsuOne )

「BREAKINGはBREAKINGに変わりはない」と BBOYの石川勝之は語る。

石川:BREAKINGがオリンピック競技になると言っても、競技としての整備も整っていないし、「カルチャーかスポーツか」、という議論もたくさんありました。でも僕の中では「カルチャーであろうがスポーツであろうがBREAKINGはBREAKINGに変わりはないので別にいいや!」というポジティブな考えがあります。特に今年の東京五輪も後押しとなって、そういった風潮が今はあります。

セッションの最後ではスピーカーの3名が「アイディアの短冊」にそれぞれのアイディアや想いを綴った。

石川勝之「HIPHOPの町へ、ストリートの町へ」

「学生時代、自分にとって渋谷はHIPHOPの街でした。そういったストリートカルチャーが逆戻りするのではなく、復活しつつも新たなストリートカルチャーも一緒に合わさった『若者の町』になったらいいと思います。更にはそこに魅力を感じて、世界中から人が集まる場所になったらいいなと思います。」

宮本美保「1つの町に1つずつのパークがあるスケートボードカルチャー」

「小さい町単位でも、1つずつパークがあるスケートボードカルチャーを作っていきたいです。スケーターが町で乗ることが出来る環境を整えることが出来ればいいなと思っています。そのためにはプレイヤーのマナーも含めて、理解して貰うことが大事だと思っています。」

落合知也「渋谷で世界大会とキッズクリニック」

「僕は渋谷で世界大会とキッズクリニックを実現する事が目標です。この世界大会では3×3バスケットボールだけでは無く、スケートボードやダンスなどのカルチャーもミックスして、色んなファンを巻き込めるような大会にしたいです。その中で3×3バスケットボールの世界トップレベルを見て欲しいです。また、その場でキッズクリニックを開催することで『子供たちに夢を持ってもらいたい』『いろんな刺激を受けて成長していって欲しい』と思っています。

また、アーカイブ配信はオフィシャルYouTubeチャンネルから視聴可能である。ぜひ下記からチェックしていただきたい。

Key Dialog|NEWカルチャー:新しい日本が生まれる

SPEAKER:石川勝之(BBOY KatsuOne)、落合知也、宮本美保、長田新子
<日付>11.8(月)
<時間>12:30~13:30
<場所>渋谷キャスト
<オンライン配信>オフィシャルCH

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
1月 2022
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
« 12月   2月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧