国内3年ぶりのトリッキング大会『極限武術GATHERING』が開催決定!

2022.06.16

コロナ禍以来、初の国内トリッキング大会『極限武術GATHERING』が7月18日(月) に開催決定することが発表された。

【日時】
7月18日(月)海の日 11:00〜19:30
※11:00当日受付開始

【場所】
「Phoenix Gym」
〒354-0016埼玉県富士見市榎町3番地
東武東上線 柳瀬川駅東口から徒歩7分

【参加費】
バトル/ワークショップ3000円
観覧無料

そもそもトリッキングとは?

「X M A(エクストリームマーシャルアーツ)」と呼ばれる武術発祥のカルチャーであり、中国武術・テコンドー・カポエイラ・ブレイクダンスなどのジャンルが合わさって誕生した新しいスポーツ。
そして今回『極限武術GATHERING』は、トリッキング世界王者Daisukeによる合同会社TTMを主催に様々な試みを加えた”異例”のトリッキング大会となっている。

果たして何が”異例”なのか。

1.業界初のスコア制の追加

本来であればスコア制ではなく、ジャッジ自身が総合的に良いと判断した片方に票を入れるシステムだが、今回はスコア制を導入。
スコア制は3つのジャンルに分かれており、”Difficulty”(難しさ)、”World standard score”(世界水準点)、”Character”(個性)のそれぞれ5点満点の計15点。つまりワンムーヴでの最高点数は15点である。

スコア制導入の理由として、延長や単調なムーヴなどを回避する、そして将来的なオリンピック採点基準を狙い、少しずつトリッキングという競技を”パルクール”や”ブレイクダンス”のようにオリンピック種目へと近づけて行くという理由も含まれている。

2. Top8まで勝ち上がった選手にはバトルユニフォームを支給

トリッキングのルーツXMAの演舞では道着を着てる人が”正装”であったがトリッキングへとカルチャー進化を経て服装も徐々に自由となり最近では練習やバトルの際に着る服がオシャレな風潮にある。バンダナなどのポイント物やバンドTシャツなど普段着のオシャレで着る物を身に着け、個性として己のスタイルを誇示している。

そんなカルチャーが流行っている中、今まで行われてきた大会で正式なユニフォームの支給は未だ見たことが無い。この前代未聞の中、『極限武術GATHERING』は各企業のスポンサー達が協賛に入り、ユニフォームにロゴを入れ、企業間でも盛り上がることが出来るといった異例の試みである。

そしてこのユニフォームによりごく普通のトリッキングバトルだけでなく、観る人の視点を幅広く持たせるためにバトルファッションショーとして見てもらう事も新しい”異例”な試みの一つである。

3. ゲストワークショップ

どの大会にも正直ワークショップはあるが、レベルが初心者向けではないと言った理由で、大会に足を運んで来てくれた人たちは実際にトリッキングに触れられていない人が多いことが現実だ。だからこそ今回『極限武術GATHERING』では初心者に対して寄り添ったゲストワークショップをカリキュラムに、初心者でも存分に楽しめる内容になっている。

このワークショップは「将来自分の息子をスターにしたい」と考えている方など将来的にスターを生み出すにはとてもいい環境であり、トリッキング自体初めて聞く、興味がある、そんな方々は絶対に受けるべきであろうワークショップだ。

以上3つの新たな試みが当大会の魅力である。

そしてここでゲストのジャッジ3人、MC、DJ、トリッキングパフォーマーチームを紹介していく。

世界大会HOOKED GATHERING2017にて日本人初王者に輝いた『DAISUKE』

日本人初のトリッキング世界王者。メディアやエンターティメント活動に富み、弟のReijiと共に行うシンクロトリッキングなど、新しいトリッキングの可能性を広げている。

トリッキング歴2年で世界大会に招待され一瞬にして世界に名が広まった超人「TAKA SAKURAI」

現在世界的知名度のあるチーム「Vola tricks」のリーダーであり、トリッキングの国際大会では2度の優勝を誇る。バックボーンを活かしたそのスタイルは、世界から今最も注目されているトリッカーだ。

トリッキングが日本で広まる前からトリッキングカルチャーを底上げしてきた人物「WATA」

トリッキング黎明期から現在に至るまで絶大な人気を誇る選手。国際大会で優勝経験を持ち、そのクリーンなスタイルから和製マイケルガスリーと呼ばれる。

MC「RENGO」

様々なカルチャーのスキルを活かし、ソロストリートパフォーマンスで鍛え上げられたトーク力でMCを務めることになった「RENGO」

DJ「FAPPO」

2019年、NYのブロードウェイでDJを経験。現在は渋谷、六本木を中心に活動しトラックメーカーやデザインを行う。そのマルチな才能によって今回DJを務める「FAPPO」

ゲストトリッキングパフォーマー「TOK¥O TRICKING MOB」

日本初のトリッキングパフォーマンスチーム。パフォーマンスに限らず、モデルや映像、俳優、アパレル、講師など様々な分野で活躍しているパフォーマンスチーム。

今回は貴重なトリッキングイベントの1つであり、初めてトリッキングに触れる良い機会であろう。是非興味ある方は一度足を運んでみては。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
12月 2022
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 11月   1月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧