東京タワーの真下で2日間限定のポップアップパーティー「Red Bull Tokyo Unlocked」が開催!レッドブルが東京のナイトライフに翼をさずける。

2022.06.29
©Suguru Saito / Red Bull Content Pool

2022年6月24日(金)と25日(土)の2日間にわたり、東京のナイトライフをギュッと凝縮させたレッドブルによるポップアップパーティー「Red Bull Tokyo Unlocked」が行われた。

「Red Bull Unlocked」は、マンチェスター、アムステルダム、パリなど世界20都市でレッドブルが新しくスタートさせたパーティーシリーズ。豪華アーティストやパフォーマー、夜会のインフルエンサーを招き、各都市で人気のバーやクラブなどをひとつ屋根の下に詰め込んだ、レッドブルだからこそのポップアップパーティーだ。

今回、東京で初開催された「Red Bull Tokyo Unlocked」の会場となったのは東京の街のシンボル、東京タワーの真下に位置する都内最大級のスタジオスペースである「スターライズタワー」。レッドブルは、これまでにも倉庫や廃校、国立博物館、日本庭園、電車の中などユニークなヴェニューでイベントを実現してきたが、今回は数々のテレビ番組を収録してきた歴史的なスタジオを巨大なエンターテインメントスペースに変貌させた。

©So Hasegawa / Red Bull Content Pool

両日ともチケットがソールドアウトするほど、開催前から大きな注目が集まった今回のイベントには、豪華アーティスト30組以上、人気の遊び場9店舗が集結。

初日6月24日(金)は現在のカルチャーを牽引するZ世代から絶大な支持を受けるヒップホップを中心としたビートミュージックイベントとして開催され、人気ラッパーやDJが出演した。

©So Hasegawa / Red Bull Content Pool

木々が生い茂るジャングルのような装飾が施された「Red Bull Stage」では、レッドブルの人気ヒップホップ映像コンテンツ「Red Bull RASEN」のライブパフォーマンスがサブライズで行われ、kZmCyber RuiSpace BoyJUBEEによるラッパーたちのマイクリレーが繰り広げられた。

またライブショーケースにはBIMDaichi Yamamotoralphゆるふわギャングらが出演。途中、鎮座DOPENESSが飛び入りで登場するなど、まさかの出来事に会場が大いに沸いた。

©Suguru Saito / Red Bull Content Pool

©Suguru Saito / Red Bull Content Pool

大きな白い壁に会場を包み込むように映像が浮かぶ「Red Bull Hub」では、BAD HOPのVingo & BenjazzyAwich、KANDYTOWNのIOのライブが行われた。それぞれ気迫がこもったパフォーマンスを披露するだけでなく、「Red Bull Stage」を沸かせたゆるふわギャングのNENEと鎮座DOPENESSの飛び入り参加など、こちらでもサプライズで実現した人気ラッパーたちの共演が来場者の注目を集めた。

©Keisuke Kato / Red Bull Content Pool

ハウスを中心としたダンスミュージックイベントとして開催された2日目は、日本のクラブシーンで活躍する人気DJやアーティストが出演した。

YUKA MIZUHARAのDJで幕を開けた「Red Bull Stage」では、パソコン音楽クラブ、ZOMBIE-CHANGがライブセットを披露したほか、MOODMANOkadadaがB2Bセットで最後までフロアを盛り上げ続けた。

一方、「Red Bull Hub」ではCYKがオープニングとクローズを務めたほか、Soichi Teradaがハウスセットを披露するなど、この日は両フロアアップリフティングなダンスミュージックを楽しむ来場者の姿が見られた。

©Keisuke Kato / Red Bull Content Pool

また今回のイベントでは3つめのダンスフロアとして、刺激的なカルチャーを新宿二丁目から国内外に発信し続ける東京イチのファッションパーティ「fancyHIM」も開催。きらびやかな衣装に身を包んだドラァグクイーンやダンサー、アーティスト、DJが登場し、洗練されたパフォーマンスで会場を魅了した。また同フロアではAiiRO CAFE、AiSOTOPE LOUNGEのポップアップバーも登場するなど、東京タワーの袂に再現された”新宿二丁目”カルチャーを多くの来場者が楽しんだ。

さらに東京のカルチャーを牽引する人気スポットがビルのワンフロアに集まるポップアップエリアでは、初日に日本を代表するラッパーのZeebraがDJとしてDJ Bar & Lounge WREPに登場。2日目はDJ BAR Bridgeで心地よい選曲のDJプレイとともにお酒を楽しむ来場者の姿も見られた。

©Keisuke Kato / Red Bull Content Pool

またこのポップアップフロアでは、DJプレイとともに刺激的なポールダンスが披露されたMADAM WOOや夜の業界人たちとカラオケを楽しめるSNACK銀河系も両日にわたり、東京のナイトカルチャーの魅力を存分に発信。バーバーカルチャーを牽引するMR.BROTHERS CUT CLUBも会場を刺激する夜遊びのスパイスになっていた。

©Keisuke Kato / Red Bull Content Pool

東京タワーを見上げる会場エントランスの屋外スペースでは、都内を代表するハンバーガーの人気店TEN FINGERS BURGERと窯焼きピザの繁盛店のPizzanista 7も出店。

こだわりのフードに舌鼓を打ち、ひさしぶりの談笑を交わし、パーティでの再会に肩を抱き合う姿など、夏の夜ならではの開放感に満ちたムードを楽しむ来場者の姿も見られた。

このように今回の「Red Bull Tokyo Unlocked」は、東京ならではのナイトライフカルチャーがひとつ屋根の下に集まり、多様な人々を結びつける、誰にも真似できないユニークなイベントとなった。今後もレッドブルはカルチャーを牽引するキーパーソンたちとともに東京が誇るナイトライフシーンを盛り上げていくだろう。

開催概要

名 称:Red Bull Tokyo Unlocked
日 時:
2022年6月24日(金)18:00〜24:00
2022年6月25日(土)18:00〜24:00
会 場:スターライズタワー
出演(6月24日): AOTO, Awich, BBBBBBB, BIM, Campanella, Celter, Daichi Yamamoto, DJ DISK, DJ KAREN, DJ KEKKE, DJ U-LEE, Gliiico, IO, JUBEE, JUMADIBA, Kaoruko, Kotsu, kZm, Licaxxx, Lil Soft Tennis, Mari Sakurai B2B Shinsuke Goto, nasthug, PeterParker69, ralph, Rave Racers, STARKIDS, Vingo & Benjazzy, W.A.S.P., Youth Quake, ゆるふわギャング

出 演(6月25日):CYK, MOODMAN B2B Okadada, パソコン音楽クラブ, Sassy J, Soichi Terada [House Set], YUKA MIZUHARA, ZOMBIE-CHANG
料 金:各日2,000円

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
8月 2022
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
« 7月   9月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧