[PR] parkour

【SEI × Xperia 特別インタビュー】アンバサダーに就任したSEIが語るパルクールに対する熱い想いとトレーサーとしてのスタイル

2020.08.07
FINEPLAY編集部
「Xperia 1 II」で撮影

華麗に動き回る独自のスタイル「SAINTKOUR」を武器に、2019年世界大会/日本選手権を制覇した日本を代表するパルクールアスリート、SEIこと朝倉聖がソニーのスマートフォン・Xperiaの魅力を発信する「Xperia Ambassadors」に就任!
FINEPLAY編集部が「Xperia Ambassadors」に就任したSEIへインタビュー。SEIのトレーサーとしてのスタイル、パルクールを始めたきっかけや今後の展望、最新機種・「Xperia 1 II」を活用したライフスタイルに至るまで、SEIの魅力を余すことなく深掘りする。

パルクールについて

―パルクールを始めたキッカケ

SEI:パルクールを始めたキッカケは中学2年生の頃、テレビでたまたま見かけたCMにパルクールが使われていて、その人間離れをした美しい動きに衝撃を受けたことです。

Xperia × SEI
写真提供:株式会社PKM / 中学2年生の時に江ノ島海岸にて

―当時どのように練習していたのですか?

SEI:パルクールをやり始めた当時は施設もなく、教えてくれる人もいませんでした。YouTubeなどの動画を見て、自身の動きと見比べながら試行錯誤を繰り返していました。
始めは一人で練習していたのですが、幼なじみと一緒に練習するようになり、それが次第に3、4人の仲間へと増えていきました。お互いに動きをチェックしあったり、練習場所を探して教えあったりをしていましたね。今ではそれぞれが別の道を進んでいますが、今でも一緒に練習したりプライベートで連絡をとったりしています。

Xperia × SEI
「Xperia 1 II」で撮影


―尊敬しているトレーサー

SEI:尊敬しているトレーサーはZENです。僕がパルクールを始めるキッカケになったCMに出演していた方で、もともと僕が美術部だったということもありその美しい動きに一目ぼれをして、当時はファンとしてイベントにも通っていました。
今では一緒に活動するようになりましたが、今でも変わらず僕にとってのヒーローです。

Xperia × SEI
写真提供:株式会社PKM / 中学3年生の時,ZEN出演イベントにてSEI(左),ZEN(右)

―現在のパルクールシーンについて

SEI:僕がパルクールを始めた当初はパルクールは全然認知されておらず、公園で練習をしている時に奇異な目で見られることもありました。
現在では徐々に認知されるようになり、練習している時も「パルクール」という名前が出たりするようになっています。
施設も充実してきており、国内大会の開催も増えてきて、パルクールのスポーツとしての側面でも注目が高まりつつあると感じています。

パルクールにはもともとトレーニングとしてのカルチャーがあり、肉体のみならず精神を鍛える目的があります。
スポーツとしての面では「どのように得点を稼ぐか」「どのようにトリックの見栄えを良くするか」という視点にフォーカスしがちであるため、それに対して反対している人もいるくらいなのですが、僕はどちらの側面もパルクールとして受け入れていいのではないかと考えていて、そういったパルクールのルーツやカルチャーも多くの人に知ってもらいたいと思っています。

Xperia × SEI
「Xperia 1 II」で撮影

―大会で自分が意識していること

SEI:大会で自分が意識していることは、なるべく体を酷使しないようにすることです。ケガをしてしまうと練習ができなくなってしまうばかりか、精神的にも悪影響が出てしまうため、無理はしないようにしています。
そういった意味では人の動きに影響されてしまうこともあるので、リラックスした状態で大会に臨めるように、メンタル面のケアも常日頃から気を遣っています。
また、大会では僕の持ち味であるひねり技と着地へのこだわりに注目してほしいと思っています。着地の際に音が出るということはそれだけ勢いが足と接地面の間にかかっているということであり、着地しても音が鳴らないという不思議な感じをぜひ体験してほしいと思います。

Xperia × SEI
提供:株式会社PKM / 2019パルクール世界大会優勝写真

―目指すトレーサー像

SEI:やはり、僕にとって目指すべきトレーサー像はパルクールを始めるキッカケにもなったZENのようなトレーサーです。
彼のように、これからパルクールを始めたいと思う人のキッカケになれるような、日本パルクール界のヒーローを目指してさまざまな場所で活動して、パルクールを世の中に広めていきたいと思っています。

Xperia × SEI
「Xperia 1 II」で撮影

―自身にとってパルクールとは?

SEI:僕にとって、パルクールはコミュニケーションツールだと思っています。
僕はもともと一人っ子で家でずっと絵を描いたりしていて、部活も美術部で他にも書道をしていたりしました。パルクールを始めるまではひとつの物事に集中して取り組んだことがあまりなく、人と接することもどちらかといえば苦手なタイプでしたね。

しかしパルクールをやっているうちに、パルクールをやっている人同士で会話ができたり、友達も増えていきました。海外では、会話ができなくても動きで通じ合うことができるということも知りました。
パルクールはそんな意味で、自分を表現するための方法であり、コミュニケーションツールであると思っています。

Xperiaについて

―トレーサーにとってスマートフォンで便利な機能は?

SEI:僕たちトレーサーにとって、スマートフォンはなくてはならないギアです。コマ送りの連写機能で撮影した写真をSNSに投稿したり、練習の際に撮影した動画をスローモーションで確認するために使ったりしています。練習では動きを比較するために動画をたくさん撮るため、スマートフォンの容量は常に動画でいっぱいになっています。

—「Xperia 1 II」の第一印象は?

SEI:「Xperia Ambassadors」の話を聞いた時、今までにそういった経験がなかったので嬉しさ半分、戸惑い半分という気持ちでした。
XperiaはもともとCMにパルクールが使われていたこともあって以前から知っていて、シンプルでスマートな印象を持っていました。
実際に「Xperia 1 II」を見て、もともとかっこよかったXperia 5よりもさらに、縦長のシャープな形状になり、洗練されていると感じました。

僕は白色が好きなのですが、このパープルがとても気に入っています。なかなか他のスマートフォンでは見ることのない色ですし、角度によってはシルバーグレーに見えるところも気に入ってるポイントです。

Xperia × SEI
「Xperia 1 II」で撮影


Xperia 1 IIを実際使ってみてどう思いましたか?

SEI:実際に手に持って見て、想像以上のその軽さに驚きました。
また、休日にスマートフォンで映画を見たりするのですが、21対9のシネマワイドディスプレイは実際の映画に近い迫力で鑑賞することができるので嬉しいですし、 休日のリラックスタイムの喜びが一層大きなものになりました。
またXperia 5からあった機能なのですが、2画面に分割してアプリを起動できる「マルチウィンドウ」の機能を「Xperia 1 II」でも重宝して使っています。練習の動きを確認する際や、動画共有サイトと自分の撮影した動きを同時進行で見比べることができるので便利な機能です。

「Xperia 1 II」はトレーサーの普段のトレーニングにもぜひ活用してもらいたいおすすめの機能が充実したスマートフォンですし、もちろんトレーサー以外の方にもおすすめできる便利なスマートフォンだと思います。

Xperia × SEI
「Xperia 1 II」で撮影

—「Xperia 1 II」のカメラ機能について感じたことはありますか?

SEI:普段からカメラ機能をよく使うため、「Xperia 1 II」を実際に使ってみて、カメラの機能が充実していることに気がつきました。
「Xperia 1 II」では連写機能の撮影コマ数が大幅に改善されていることに驚きました。Xperia 5では1秒10コマであったのが、「Xperia 1 II」では倍の20コマに撮影コマ数が増えています。
スマートフォンの連写機能には限界があると思っていましたが、「Xperia 1 II」には良い意味で期待を大きく裏切られましたね。激しい動きもブレずに高画質で撮影できるのでとても重宝しています。
パルクールの動きは連写が細かく撮影できないとなかなかベストショットが見つからないということもあるので、そういう意味では撮影回数も少なくなる分、ありがたいですね。

Xperia × SEI
「Xperia 1 II」で撮影

今後について

―パルクールで極めたいこと

SEI:まずパルクールについて極めていきたいことは、動きの見せ方、伝え方です。コンセプトとしている、軽やかで奇麗な動きを極めていくことで、大会でも良い結果を残したいと思います。
パルクールは2020年東京オリンピック追加種目の最終選考まで残っていて、2024年のパリオリンピックで追加種目となる可能性も大きいと思っています。
世界選手権は延期になってしまいましたが、今後の大会で良い成績を挙げてパリオリンピックでメダルをとることが目標です。

Xperia × SEI
「Xperia 1 II」で撮影

Xperiaアンバサダー SEIのパルクールパフォーマンスムービー

Xperia 1 II
Xperia 1 II
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

イベントスケジュール
10月 2020
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 9月   11月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧