[PR] parkour

【RYOTA × Xperia 特別インタビュー】トレーサー・RYOTAがリスペクトするパルクールカルチャーと先人たち

2021.02.01

日本体操協会のパルクール公式スポンサーであり、そのシーンをこれまでサポートし支え続けてきたXperiaと、アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディアFINEPLAYがタイアップし、連載企画で注目のトレーサーに焦点を当てていく。
今回はRyotaxの愛称で親しまれる、リポーターや解説者、地元千葉での練習会主催など、多方面で活躍するトレーサー・RYOTAを取り上げてインタビュー。
RYOTAが目指すトレーサー像や現在のパルクールカルチャーの動向、そしてソニーの最新スマートフォンである「Xperia 1 II」のカメラ機能の魅力について話を聞いた。

—パルクールを始めたキッカケ

RYOTA:パルクールを始めたきっかけは、中学2年生となった初日に動画共有サイトでたまたま静岡県浜松で活動しているパルクールチーム・SIGNALの動画を見つけ、その動画に衝撃を受けたことです。
今まで水泳やサッカー、野球や卓球などさまざまスポーツをやっていましたが、どれも長続きしませんでしたが、パルクールは真似して練習していくうちにどんどんのめり込んでいき、気づけば今年でパルクールを始めてから8年経ちました。

RYOTA
写真提供:株式会社PKM / 14歳の頃、千葉県千葉市の検見川浜にて

—ホームタウン

RYOTA:ホームタウンは千葉県・海浜幕張です。当時は施設があまりなく、海の砂浜や公園の段差やスロープを利用して練習を行っていました。

—尊敬しているトレーサー

RYOTA:尊敬しているトレーサーは同じチームのZENです。動きのカッコよさはもちろん、普段の立ち振る舞いや言動、全てが「この人みたいになりたい」という理想のトレーサーです。

—現在のパルクールシーンについて

RYOTA:最近ではパルクールもメディアへの露出が多くなり、同世代では5人に1人くらいはパルクールのことを知っています。昔に比べて確実に認知度は上がっていますね。

「Xperia 1 II」で撮影

—シーンを拡大する為、意識していること

RYOTA:現在日本では、パルクールはスポーツやエンターテイメントの部分を中心に認知が広まっていますが、根本である「トレーニングであり、自身と向き合って強くなっていく」というカルチャーの部分を広げていく必要があると思っています。
それが先代のパルクールの開拓者たちへのリスペクトであり恩返しになると思っています。そこだけは忘れてはならないと思っていますね。

—自身のスタイルについて

RYOTA:いい意味で癖を強くする、自分の個性を限りなく出していくスタイルを目指しています。そのためには、あえてトレンドを取捨選択するように意識しています。
また、脚力を生かした動きの軽さを武器にして、宙返りや障害物をクリアするスピード、高さといった重力を感じさせない動きを得意としています。

「Xperia 1 II」で撮影

—目指すトレーサー像

RYOTA:自分はこれまで挫折グセのある人間だったので、パルクールにおいては動きだけでなく、自分自身と対話をして強くなっていくことを念頭において練習に取り組んでいます。生涯を通して強くありたいと思いますし、トレーニングを通じて自分の強さの芯をどんどん太くしていきたいと思っています。
またパルクールの歴史はまだ浅く、自分が年老いて亡くなるまでにはパルクールで生活できるという事例を作りたいと思っていますし、それが自分がmonsterpkに所属している使命だと思っています。
これからも強くなっていくことで、後輩やこれからパルクールを志す人たちに対して勇気や希望を与えることができるトレーサーになりたいと思っています。

—自身にとってパルクールとは?

RYOTA:パルクールは自分にとって人生そのものです。普段の生活の中での思考や立ち振る舞い、感情含めて全てパルクールだと思っています。

「Xperia 1 II」で撮影

Xperiaについて

—「Xperia 1 II」の第一印象は?

RYOTA:思っていたより幅が広くなく、薄くて長いデザインに驚きました。スマートフォン自体に凹凸が少なく、メタルフレームにディスプレイがしっかり収まっているデザインは洗練されてスタイリッシュな印象がありました。

「Xperia 1 II」で撮影

—「Xperia 1 II」を使用した感想は?

RYOTA:自分もカメラをやっているので、スマートフォンでこんなに細かく設定できるということに驚きましたね。絞り、シャッタースピード、露出を数値で設定できるPhotography Proは、今まで他のスマートフォンでは体験したことがありませんでした。
パルクールの写真や動画を撮る側からしたらありがたい機能です。絶対にスマートフォンは持ち歩いているので、手軽に自分の意図した設定で撮影ができることは魅力的ですね。

—トレーサーにとって「Xperia 1 II」で便利だと思う瞬間は?

RYOTA:トレーサーにとって「Xperia 1 II」で便利な機能は高速連写機能です。カメラ機能の性能には一番こだわっています。練習では、連写で写真を撮ってコマ送りで自分の動きを確認するのですが、「Xperia 1 II」はこれまでのスマートフォンよりも、指先まで鮮明にブレずに撮ることができるのでありがたいです。
また、映画のワンシーンのような動画を簡単に撮影できるCinematography Proの機能もトレーサーにとっては嬉しいですね。クルーのプロモーションビデオの撮影などにも使ってみたい機能です。

ソニーのデジタル一眼カメラ「α」シリーズの技術を継承した「Xperia 1 II」の高速連写機能でパルクールのスピーディーなアクションを撮影しよう

■最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写でトレーサーの一瞬の動きを逃さず、カッコいい写真が撮れる!

「Xperia 1 II」のカメラ機能はソニーのデジタル一眼カメラ「α」シリーズで培った技術を継承。
世界中のプロフォトグラファーとの共創によって磨き上げられた、Photography Proの機能や革新のカメラシステムによって想像を超えるクリエイティブな表現を可能にしています。
最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写機能では、最高60回/秒のAF/AE演算処理でパルクールのような動きの速い被写体でもスムーズにフォーカスを合わせ続け、決定的な瞬間を12MPの高画質で美しくとらえることができます。
スムーズな連写と素早いオートフォーカスでトレーサーのスタイルを逃さず撮影できる「Xperia 1 II」高速連写機能を使って、あなただけのクリエイティブな写真を撮影してみましょう。

「Xperia 1 II」で撮影

—今後の活動について

RYOTA:パルクールを通して自分自身強くなりましたし、今まで先輩達にいろいろな大切なことを与えてもらいました。だからこそ、次の世代のトレーサーたちに対して、さまざまなことを生涯通して与えていける人間になりたいと思っています。

Xperia 1 II
執筆者について
FINEPLAY編集2部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のイベント
直近のイベントはありません
イベントスケジュール
7月 2021
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
« 6月   8月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧