池田 大亮が優勝、東京五輪へ向けての戦い「2019日本オープン・ストリート選手権」

2019.02.25
FINEPLAY編集部
Photo by TABASA

2019年2月24(日)、東京都足立区・ムラサキパーク東京にて、2020年東京五輪で初めて採用されるスケートボード・ストリート種目の日本一を決める大会、「2019日本オープン・ストリート選手権」男子が行われた。
昨年のAJSAプロツアー年間チャンピオンであり、世界最高峰のコンテストTAMPA AM 2018を制した池田 大亮(いけだ だいすけ)を始め、海外のコンペティションでも実績のある白井 空良(しらい そら)や、過去に強化指定選手となった佐川涼(さがわ りょう)、池慧野巨(いけ けやき)など注目選手らが数多く出場する中、激戦を制し池田が優勝を果たした。

予選は2位以下に大差をつけてFinalへ進んだ池田だったが、Finalのベストトリックでは5本のうち2本を失敗するなど2位の白井にも追い上げられ、やや苦戦していたように見えた。だがやはり世界大会でも経験のある池田、後半は持ち前のスキルとメンタルで技をメイクし続け見事優勝を果たした。

今大会はJRSF(一般社団法人日本ローラースポーツ連盟)が5月に開催する「第3回日本選手権」と合わせ、2019年度のストリート種目「JRSF強化指定選手」を決める重要な大会となっている。AJSA(一般社団法人日本スケートボード協会)のプロツアーも兼ねる。

Photo By TABASA

池田大亮 優勝コメント

「今日は自分の滑りが出来て良かったです!予選は少し力を抑えて落ち着いていきました、決勝はとにかく自分の滑りを心がけました。今回は、オリンピックだけでなくSLS(ストリートリーグ)も意識して戦いました。二日後にTAMPA PROがあるので、勝てるようにそれに向けて練習します!」

「2019日本オープン・ストリート選手権」男子結果

1位 池田 大亮 -29.2
2位 白井 空良 -27.5
3位 山下 京之助 -26.4
4位 青木 勇貴斗 -23.2
5位 池 慧野巨-20.6
6位 末松 蓮 -20.0
7位 根附 海龍-18.5
8位 渡辺 雄斗 -13.4

THE MOMENTS of 『ムラサキプロ』

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

Photo by TABASA

 

「2019日本オープン・ストリート選手権」開催要領
日程:2019年2月23日(土・女子)~24(日・男子)
場所:ムラサキパーク東京
種目:ストリート男女
競技方法:予選45秒2本(上位12名決勝進出)決勝45秒2本、ベストトリック5本、高得点4トライの合計点

文・秋山真

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング