|

SKATE

“ダニー・ウェイ”DCの設立者であり、万里の長城をも飛び越えたカリスマスケーター

“ダニー・ウェイ”DCの設立者でもあり、スケーターから圧倒的な信頼を得ているカリスマスケーター

4歳からスケートボードを始め、X-Games Big Airを始めとする数々の大会で好成績を収めているだけでなく、ヘリコプターからヴァートにドロップしてみたり、万里の長城を飛び越えたり、スケートボードによる地上最速滑走記録を更新など、スケートボードを通じて想像を絶する数々のチャレンジし、世界中の人々を驚かせ続ける超人である。
常に挑戦を続けてきたダニー・ウェイの偉大なる軌跡はスケートボーダーの域を超えた究極のアスリートといっても過言ではない。

ダニー・ウェイの偉大なる軌跡

1990年: 900に初めて挑戦したスケーターとして有名になる(公式の場では成功せず)
1991年: Thrasher Magazine Skater Of The Year
1997年: 世界記録、12フィート・キックフリップ
1997年: ヘリコプターから特設ランプへドロップイン
2002年: 世界記録、65フィート(約20m)のジャンプ、更に当時の記録であるランプから18.3フィート(約5m)のエアを決める
2003年: 自らの記録を更新、75フィート(約22.5m)のジャンプ、ランプから23.5フィート(約7m)のエア
2004年:X-Games Big Air部門で金メダルを獲得、更に自らの記録を更新、79フィート(約23.7m)のジャンプ
2004年: Thrasher Magazine Skater Of The Year
2005年: 万里の長城を飛び越え
2005年: X-Games Big Air部門で2度目の金メダルを獲得
2006年: X-Games Big Air部門で3度目の金メダルを獲得
2006年: 史上始めてバックフリップエア及びバックフリップ・ロケットエアをメキシコシティのメガランプで着地
2006年: 82フィート(約24.5m)もの高さのハードロックカフェのギターから特設ランプにドロップイン
2009年: スケートボードによる地上最速滑走記録を更新
2009年: X Games Big Air Rail Jamで金メダルを獲得

The Most Awesome Skateboard Jump Ever Filmed!万里の長城を超えたときの衝撃動画

出典:YouTube(OrionEdWood)


「再生回数1300万回超え」BIG AIR 2006 – Danny Way & Andy Macdonald

出典:YouTube(Don Marko)

■関連記事

スケートボード界の神「トニー・ホーク(Tony Hawk)」

スケートボードの歴史に名を残すカリスマ、ロドニー・ミューレン

スケート界の生きる伝説JAMIE THOMAS(ジェイミー・トーマス)

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP