木俣が圧巻の滑りで優勝!女子では18歳・枝松が復帰戦でV!「ビックエア・アジアカップ」

2024.02.26
優勝した木俣椋真。左)2位 濱田海人 右)3位 飛田流輝 【公益財団法人全日本スキー連盟】
記事提供:公益財団法人 全日本スキー連盟

2月17日、日本の福島県にあるネコママウンテンにて、ビックエア・アジアカップの決勝戦が行われた。男子では木俣 椋真(YAMAZEN ROCK THE KIDS)が優勝。女子では復帰戦となった枝松千優(ムラサキスポーツ)が優勝した。

3本の試技から異なる技のベスト2本の合計得点で争われ、木俣 椋真(YAMAZEN ROCK THE KIDS)は2本目にBS1980(5回転半)メラン、3本目にFS1800(5回転)ダブルテールを決めて優勝。2位に38ポイント以上の差をつける、他の追随を許さない滑りを披露した。2位に入ったのは北京オリンピック出場経験のある濱田海人(ムラサキスポーツ)。着地部分が柔く、多くの選手が転倒し苦しむコンディションの中でSWB1620(4回転半)メラン、BS1620(4回転半)メランを成功させ2位を獲得。3位は飛田流輝(ウィルレイズ)となった。

優勝した木俣椋真(YAMAZEN ROCK THE KIDS)選手のコメント
「(1本目終了時に)感覚は掴めたので成功できるイメージはついてました。この大会に懸けていたので、(優勝できて)良かったです。次のオリンピック目指して頑張っているので、これからも応援よろしくお願いします。」

女子は怪我からの復帰戦となった枝松千優(ムラサキスポーツ)が優勝。特大のBS1080(3回転)トラックドライバーとFS720(2回転)ウェドルで154ポイント。2位とわずか0.33ポイントという僅差での優勝となった。2位に入ったのは石井 斐毬(ムラサキスポーツ)。SWB900(2回転半)ウェドル、FS1080(3回転)トラックドライバーを成功させたが0.33ポイント届かず2位で終えた。女子では最高難易度の技を決めたが、技の完成度の部分で1位の枝松千優(ムラサキスポーツ)には届かなかった。3位は石本 鈴花(MOJANE)となった。

優勝した枝松千優(ムラサキスポーツ)選手のコメント
「(1本目のBS1080について)飛距離が出て、空中で立てるかどうか不安になったんですが、無事立てて2本目3本目攻める状況を作れたのは良かったです。いつも練習してるネコママウンテンで優勝できて嬉しいです。いつも応援してくる方々ありがとうございます。これからも頑張ります。」

男子最終リザルト
1位 木俣 椋真(YAMAZEN ROCK THE KIDS)
2位 濱田海人(ムラサキスポーツ)
3位 飛田流輝(ウィルレイズ)

女子最終リザルト
1位 枝松千優(ムラサキスポーツ)
2位 石井 斐毬(ムラサキスポーツ)
3位 石本 鈴花(MOJANE)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
4月 2024
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
« 3月   5月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧