角野友基が5年ぶり2度目の優勝!鬼塚雅は2大会連続となる3位 Burton US Open 2020

2020.02.29
FINEPLAY編集部
Photo by Burton

現地時間、2020年2月28日、アメリカコロラド州ベイルにて、THE 2020 BURTON US OPEN SNOWBOARDING CHAMPIONSHIPSの、スロープスタイル決勝が行われ、日本人ライダーが大活躍をみせた。
男子は角野友基が、2015年に前人未到のバック・トゥ・バックでトリプルコーク1620をメイクして優勝して以来、5年ぶり2回目の優勝を手にした。セミファイナルを4位通過で、ファイナルへ駒を進めた角野。ファイナルは10名のライダーが3本ずつ演技を行い、ベストポイントで争われた。角野は2本目のランでベストポイントとなる89.3をマークしトップに躍り出る。以降、このポイントを超えるライダーは現れず、2位以下に大差をつけ、圧倒的な勝利で優勝を手にした。

Daniel Milchev / Red Bull Content Pool

女子は鬼塚雅が決勝1本目で自己ベストスコアをたたき出し、2年連続の3位を獲得。昨年、同大会同種目で日本女子史上初となる表彰台の快挙から1年、今年も見事結果を出し、その存在感をアピールした。

Daniel Milchev / Red Bull Content Pool

今大会、スロープスタイルのコースは難易度が高く、3つ用意されたジャンプセクションのうち、ストレートジャンプは1つのみ。残りの2つはトランジションといって、ハーフパイプのRのような曲線を使ってテイクオフをするセクションとなっている。ストレートジャンプを得意とする日本勢には、難しいコースと想定されていたが、角野や鬼塚はそんな懸念を払拭し、見事なライディングで表彰台に上り詰めた。

Photo by Burton
Photo by Burton
Photo by Burton
Photo by Burton
Photo by Burton
Photo by Burton
Photo by Burton

Text:Shin Akiyama

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
直近のおすすめはありません
直近のイベント
直近のイベントはありません
イベントスケジュール
7月 2020
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
« 6月   8月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧