“ベサニー・ハミルトン”左腕を失いながらも再起したソウルサーファー

2014.07.15
FINEPLAY編集部
Bethany_Hamilton

ソウルサーファー“ベサニー・ハミルトン”

カウアイ島出身のべサニー・ハミルトン(Bethany Hamilton:1990年2月8日生まれ)は2003年10月、地元カウアイ島沖でサーフィン中にシャークアタックに遭い、左腕を失う。

しかし、べサニーのサーフィンに対する熱い情熱は消えることなく、片腕になってもサーフィンを続け、その姿は世界中に勇気と感動を与える事となった。
シャークアタックから海へのカムバックまでを記したべサニーの自伝「ソウル・サーファー」は、後に映画化(2011年)され、大きな反響を呼んだことでも有名。

そんなべサニーが、2014年3月にオアフ島ノースショアのパイプラインで開催されたASPウイメンズ1スター「Surf n Sea パイプライン・ウイメンズ・プロ2014」で見事優勝!

Heat Highlights – Bethany Hamilton Wins Pipeline Women’s Pro

出典:YouTube(Surf Channel Television Network)

BETHANY HAMILTON | HOW DOES SHE DO IT

出典:YouTube(Lieber Films)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング