最強サーファー“ケリー・スレーター”とクイックシルバーが23年パートナーシップを終了

2014.04.03
FINEPLAY編集部
ケリー・スレーター

最強サーファー“ケリー・スレーター”とクイックシルバーが23年パートナーシップを終了

2014年3月31日月曜日クイックシルバーとワールドチャンピオンサーファーのケリー・スレーターは23年に渡るパートナーシップを終える衝撃のニュースが世界を駆け巡った。

エイプリルフールのジョーク?ではない。ケリー本人のインスタグラムでも、そのことが彼の言葉で書き込まれていた。「彼らとの共有出来た素晴しいリレーションシップに関する自分の感謝の気持ちを表すための言葉が見つからない。」とケリーはコメントしています。

b5e8151c7101aa8ad4eb7ca5bbe6994d

1990年にスレーターは18才でクイックシルバーと契約。その2年後の二十歳のときに初のワールドタイトルを獲得し、そこから11回のASPワールドチャンピオン、数えきれない程のWCTでの優勝を成し遂げてきた。

「ケリーは20年以上クイックシルバーファミリーの一員でした。素晴らしい可能性をもった若いサーファーが11回のワールドチャンピオンとなった今日までを見られたことは信じられないような日々でした。彼のキャリアの第2章が成功することを願っています」とはクイックシルバーのエクゼクティブチェアマン、ボブ・マックナイトは語っています。

42歳ながらも現在も世界最強のサーファー、ケリー・スレーターの次のパートナーはグッチ、サンローランからプーマといったブランドを支配するKeringグループ。
まだまだケリーから目が離せない。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング