BMXフリースタイル・アジア選手権で池田貴広が準優勝! 初代日本代表に抜擢

2019.11.01
FINEPLAY編集部

2019年10月27日にジャカルタで開催された自転車競技BMXフリースタイル・フラットランドのアジア選手権で、初代日本代表選手として出場した池田貴広(29歳/CYCLENT)が準優勝を果たした。

今大会『2019 Asian Urban Cycling Championships』はアジア各国の競技連盟からの代表選手のみが出場権を得ることができ、日本自転車競技連盟でのBMXフリースタイル・フラットランドの日本代表選手の選考が初めて行われ、全日本選手権などで好成績を収めた池田が日本代表に選出された。3分間の競技時間の中、 ギネス世界記録にも認定されている世界最速の回転技や、 自身のオリジナル技『IKE SPIN』などを成功させ、 銀メダルを獲得。 
11月1日~3日には中国・成都で開催のワールドカップ、6日~8日に開催の世界選手権への出場も決定し、 世界チャンピオン獲得にも期待が掛かっている。

上記大会はいずれも国際自転車競技連合(UCI)が主催する公式戦で、アジア選手権・世界選手権については2019年が初開催となり、2020年の東京オリンピックの種目にも採用されているBMXフリースタイル・パークとも同時開催されている。
池田が専門とするBMXフリースタイル・フラットランドも2024年のパリオリンピックの種目に採用される可能性が高く、 アーバンスポーツ全体に注目が集まっている。 

池田貴広コメント

皆さん応援ありがとうございました!
初の日本代表選手になることができ、「JAPAN」や「日の丸」の書かれたウェアを着用して、国を代表してBMXに乗ることのできる貴重な機会をいただき、心より光栄に思います。
改めて日本のBMX界やスポーツ界に貢献していけるよう、気を引き締めてライディングして参ります。
今回のアジア選手権での準優勝に満足することなく、次のワールドカップや世界選手権に向けて、精一杯に頑張りたいと思います。

BMXとは

Bicycle Moto X(cross)の略で、 競技に使用される小径自転車。 BMXを使った競技にはいくつかの部門があり、 その中でもBMXレースとBMXフリースタイル・パークはオリンピック種目に採用されている。 
池田貴広のプレーする“BMXフリースタイル・フラットランド”は平地で様々な体勢で走行しながら、 技を連続して織り交ぜていくエクストリームスポーツ。

BMXライダー池田貴広

1990年5月17日生まれ。 千葉県千葉市出身。 
自転車を華麗に操るエクストリームスポーツ『BMXフリースタイル・フラットランド』のプロライダー。 
回転技を極め、 『高速スピン』において4種目のギネス世界記録を保持。 
2016年には世界選手権で準優勝、 2017年からはシルクドゥソレイユ世界ツアー公演への出演を果たし、 その名を世界に轟かせた。 
現在は東京を拠点に世界大会に出場しながら、 イベントでのパフォーマンス、 メディア出演など、 多岐に渡って活動中。
世界へ挑戦し続けるアーティスト・アスリート。 
株式会社サイクレント 代表取締役。 
・2010年 国際大会 Red Bull Flamenco Flatland 優勝
・2014年 BFWC世界ランキング 年間3位
・2015年 BMXのスピン技で4種のギネス世界記録に認定
・2016年 iBMXff World Championships 準優勝
・2017年 シルクドゥソレイユ VOLTA 出演

株式会社サイクレント

BMXチームCYCLENTの運営、 BMXライダーのマネージメント、 エクストリームスポーツを中心としたキャスティングやイベント制作、 映像制作などを行っている。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
イベントスケジュール

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング