「皆の憧れる選手になりたい」BMXレーサー畠山 紗英

2020.01.27
FINEPLAY編集部

【インタビュー/FINEPLAY】4歳からBMXレースを始め、10歳,11歳,13歳の時に世界選手権大会優勝。
2019年度ワールドカップランキングにて日本女子史上最高位の12位と活躍しているBMXレーサー畠山 紗英(SAE HATAKEYAMA)へBMXレースを始めたきっかけ、東京五輪への意気込み、理想のBMXレーサー像について語ってもらった。

Film & Edit : Yuki Nakano
photo by Yuki Nakano

畠山 紗英 プロフィール
1999年生まれ。プロBMXレーサー。4歳からBMXレースを始め、10歳,11歳,13歳の時に世界選手権大会優勝。
2019年度ワールドカップランキングにて日本女子史上最高位の12位。同年度ワールドカップシリーズ8,10戦にて日本人女子史上初の決勝進出を達成。
現在スイスのエイグルにあるUCI WCCチームにて、ワールドカップ、オリンピックでのメダル獲得に向けてトレーニングを積んでいる。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
2月 2020
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
« 1月   3月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング