「ミスターパーフェクト」ローガン・マーティンが金メダル、日本の中村輪夢は6位【X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo】BMXフリースタイル パーク種目

2022.05.05
photo by Naoki Gaman / ESPN

「X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo」BMXフリースタイル パーク種目がZOZOマリンスタジアム(千葉県千葉市幕張)にて2022年4月22日(金)~23日(土)に開催され、オーストラリアのローガン・マーティンが金メダル獲得、日本人選手として出場した中村輪夢は惜しくも6位となった。

決勝当日は、30分のジャムセッションの中でのベストラン採用方式で全16名の招待選手の中から大会1日目の予選を通過した8名により争われた。今回は全選手が4回のランを走行する形となり高難度のトリックや各々の個性が光る普段の国際大会とは異なる雰囲気の中で戦いとなった。

X Gamesはオリンピックとはコースレイアウトも大会の雰囲気も異なる。高難度トリックだけではなく、よりライダー個人のスタイルや遊び心など人を惹きつけるライディングが注目・評価される大会でライダーたちのクリエイティブな要素も求められた。

以下は、今大会入賞選手3人と中村輪夢の大会リポート。

「ミスター・パーフェクト」ローガン・マーティンが貫禄のライディングで優勝。中村は奮闘するもミスが続き惜しくも6位に。

X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo
ローガン・マーティン (photo by Naoki Gaman / ESPN Images)

昨年の東京オリンピックでも金メダルを獲得したローガン・マーティンが、決勝では圧倒的なランを見せ終始1位のポジションを死守。

セクションを巧みに活用しながら、「コーク720・バースピン」や「フレア・テールウイップ」など高難度のトリックを複数組み合わせて「ミスター・パーフェクト」にふさわしいライディングで観客を魅了し金メダルを獲得した。

ジャスティン・ドーウェル (photo by Brett Wilhelm/ESPN Images)

準優勝はアメリカのジャスティン・ドーウェル。多種多様なトリックを兼ね備える彼は、テールウィップとバースピンを組みわせた自身のオリジナル技「トゥウィックス」をランプでメイク。

またプールエリアでは「540・タックノーハンド」やシンプルでスタイリッシュな「ルックバック」など、緩急をつけたメリハリのあるライディングで個人のスタイルを発揮したランを魅せ銀メダルを獲得

ケビン・ペラザ (photo by Brett Wilhelm/ESPN Image)

3位は、国内でもファンが多いメキシコのケビン・ペラザ。ストリート、パーク、ダート全てでトップクラスの実力を持つ彼だからこそ可能となったスタイリッシュなライディングには思わず声を上げる観客の姿も多くみられた。

「ディケード」や「360・ダウンサイドテールウィップ・トゥー・キャンキャン」など高難度なトリックはもちろんのこと、時よりトランジションで見せる「Gターン」や「ペダルスライド」がとてもオシャレで今回は惜しくも金メダルには届かなかったが、見事銅メダルを獲得した。

X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo
中村輪夢 (photo by Naoki Gaman / ESPN Images)

日本人唯一の招待選手として参加した中村輪夢は予選では堂々のライディングで1位で予選通過を果たすも、決勝のラン1本目、2本目では転倒。2本目終了時には暫定8位という苦しい戦いを余儀なくされた。

徐々に調子を取り戻し最終ランでは、大きなトランジションのポケットエアで「クアッド・バースピン」をメイクして観客を沸かし、その後も自身の強みであるハイエアーを活かした「インバート」をプールエリアでメイクしたり、大技「720・バースピン」をメイクするも結果は6位で彼自身もラン終了後には出しきれなかったような様子も伺えた。

大会結果

左からドーウェル、マーティン、ペラザの順
(photo by Brett Wilhelm/ESPN Image)

優勝 ローガン・マーティン / オーストラリア
準優勝 ジャスティン・ドーウェル/ アメリカ
3位 ケビン・ペラザ / メキシコ
4位 デクラン・ブルックス/ イギリス
5位 ダニエル・サンドバル / アメリカ
6位 中村 輪夢 / 日本 所属:ウィングアーク1st
7位 ジェレミー・マロット / アメリカ
8位 マリン・ランテス / クロアチア 

大会概要

⼤会名称 : 【X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo】 
開催期間 : 2022年4月22日(金)~24日(日)- 3日間 –
※詳細は公式HPをご覧ください。
大会会場:ZOZOマリンスタジアム (千葉県千葉市美浜区美浜1)
主催:X Games Japan組織委員会(株式会社XGJ、エックスモバイル株式会社、株式会社イープラス、株式会社ライブエグザム、株式会社CB、株式会社グッドスマイルカンパニー、株式会社J-WAVE)
主管:千葉市
後援:千葉県、千葉県教育委員会、一般社団法人ワールドスケートジャパン、一般社団法人日本スケートボーディング連盟、一般社団法人全日本フリースタイルBMX連盟、一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会、一般社団法人TEAM JAPAN MX PROJECT、日本テレビ
協賛:Yogibo、Monster Energy、HUF 、X-mobile、ヒト・コミュニケーションズ、ムラサキスポーツ、講談社
協力:X Games Japan 千葉後援会、TOKIO インカラミ、読売新聞社

執筆者について
FINEPLAY編集部
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
5月 2022
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 4月   6月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧