男子は西田秀聖が優勝、女子は伊藤ふたばが2位 IFSC世界ユース選手権モスクワ大会

2018.08.16
FINEPLAY編集部

2018年8月8日(水)〜16日(木)、ロシア・モスクワにて開催されている「IFSC世界ユース選手権 モスクワ大会」の男子ユースAリードで、日本の西田 秀聖(私立天理高等学校)が優勝、小西 桂(私立慶應義塾高等学校)が3位に入り、日本人選手が2人表彰台に立った。

女子ユースAリードは伊藤 ふたば(TEAM au)が銀メダルを獲得した。

伊藤 ふたば(TEAM au)

西田秀聖が優勝

ユースAリード決勝成績および日本人成績

<男子ユースA>

1位:西田 秀聖(私立天理高等学校)

2位:POTOCAR Luka(SLO)

3位:小西 桂(私立慶應義塾高等学校)

―――――――――――――――――――――――――――――――

12位:伊藤 寛太朗(横浜市立横浜商業高等学校)

35位:伊勢 一真(滋賀県立草津高等学校)

<女子ユースA>

1位:RABOUTOU Brooke(USA)

2位:伊藤 ふたば(TEAM au)

3位:LETTNER Sandra(AUT)

―――――――――――――――――――――――――――――――

12位:菊地 咲希(東京都立世田谷総合高等学校)

12位:栗田 湖有(私立東京学館新潟高等学校)

写真提供=(公社)日本山岳・スポーツクライミング協会(JMSCA)

大会概要

◆大会名:IFSC世界ユース選手権 モスクワ大会
◆開催日:2018年8月8日(水)~16日(木)
◆開催地:ロシア・モスクワ
◆種目:ボルダリング・リード・スピード

スポーツクライミング日本代表選手 今後の予定

8/17-8/18 IFSCワールドカップミュンヘン大会(ドイツ):ボルダリング ※最終戦
9/6-9/16 IFSC世界選手権 (オーストリア・インスブルック):リード・ボルダリング・スピード・複合
9/29-9/30 IFSCワールドカップクラーニ大会(スロベニ):リード
10/6-18 ユース オリンピック ゲームズ2018(アルゼンチン・ブエノスアイレス)
10/20-20/21 IFSCワールドカップ呉江大会(中国):リード・スピード
10/27-10/28 IFSCワールドカップ厦門大会(中国):リード・スピード ※最終戦
11/1-11/4 アジアユース選手権(中国・重慶)
11/7-11/11 アジア選手権(鳥取・倉吉):リード・ボルダリング・スピード・複合
※このニュースは表記の日時現在のものであり、追加変更の可能性があります。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング