Street & Action Sports
CLIMB
2017.07.20

野口、楢﨑らスポーツクライミング日本代表「第10回ワールドゲームズ大会」に向けて出国

FINEPLAY編集部
CLIMB
2017.07.20
野口、楢﨑らスポーツクライミング日本代表「第10回ワールドゲームズ大会」に向けて出国

スポーツクライミング日本代表、「第10回ワールドゲームズ大会」に向けて出国

ワールドゲームズとは、『第2のオリンピック』とも言われる国際的トップアスリートによる総合競技大会。
国際ワールドゲームズ協会(IWGA:International World Games Association)主催、国際オリンピック委員会(IOC)後援で4年に一度、夏季オリンピック・パラリンピック競技大会の翌年に開催される。
第10回大会は、今夏7月20日から30日までの11日間、ポーランド共和国・ヴロツワフ市で開催。
公式27競技、公開4競技の31競技が実施され、約100の国・地域から4,000名を超すトップアスリートが参加、日本からは15競技に74名のアスリートが世界最高峰の舞台に挑む。
ワールドゲームズへの出場権は厳しく、世界選手権3位以内、各大陸選手権王者など狭き門となっており、スポーツクライミング日本代表は楢崎智亜、藤井快、野口啓代、野中生萌、是永敬一郎、緒方良行、尾上彩、波田悠貴ら8名が出場予定。

スポーツクライミング日本代表選手団

<大会出場選手(所属、生年月日、7/20時点年齢)>
・楢﨑 智亜(栃木県連盟、1996/6/22、21歳)
出場種目:ボルダリング
出場資格:2016IFSCスポーツクライミング世界選手権3位以内
該当成績:優勝

・野口 啓代(茨城県連盟、1989/5/30、28歳)
出場種目:ボルダリング/リード
出場資格:2016IFSCスポーツクライミング世界選手権3位以内/2016IFSCスポーツクライミングアジア選手権優勝
該当成績:3位/優勝

・野中 生萌(東京都連盟、1997/5/21、20歳)
出場種目:ボルダリング
出場資格:2016IFSCスポーツクライミング世界選手権3位以内
該当成績:準優勝

・藤井 快(東京都連盟、1992/11/30、24歳)
出場種目:ボルダリング
出場資格:2016IFSCワールドランキング3位内
該当成績:2位

・是永 敬一郎(埼玉県連盟、1996/2/16、21歳)
出場種目:リード
出場資格:2016IFSCスポーツクライミングアジア選手権優勝
該当成績:優勝

・緒方 良行(福岡県連盟、1998/2/4、19歳)
出場種目:ボルダリング
出場資格:2016IFSCスポーツクライミングアジア選手権優勝
該当成績:優勝

・尾上 彩(福井県連盟、1995/9/20、21歳)
出場種目:ボルダリング
出場資格:2016IFSCスポーツクライミングアジア選手権優勝
該当成績:準優勝(優勝した野口選手からのロールダウン)

・波田 悠貴(埼玉県連盟、1997/5/10、21歳)
出場種目:リード
出場資格:2016IFSCスポーツクライミング世界ユース選手権ジュニア優勝
該当成績:準優勝(優勝選手からのロールダウン)

<スタッフ(役職、所属)>
・安井 博志(チームマネージャー、公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会)
・星 多賀子(コーチ、公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会)
・Benjamin Hartmann(コーチ、公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会)
・富澤 隆一郎(メディカル、公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会)

第10回ワールドゲームズ大会

開催日:2017年7月20日~30日 
スポーツクライミング開催日:7月21日~23日
ボルダリング(予選、決勝):7月21日
スピード(予選、決勝):7月22日
リード(予選、決勝):7月23日
開催地:ポーランド・ヴロツワフ
スポーツクライミング会場:リード:New Market Square、ボルダリング:Hasta La Vista Centrum Squasha

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
史上最強 エクストリームスポーツの祭典!! CHIMERA GAMES Vol.4
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY