|

CLIMB

クライミングシューズのリソールに裏側

クライミングを支える職人の存在

クライミングシューズのリソールに裏側

長い間、クライミングではシューズメーカーや選手にスポットライトが当たってきた。しかし、メーカーや選手たちが日々の新しい記録やプロダクトの開発に挑めるのも、裏でそれらを支える人々がいるからこそだ。
今回はオーストラリアで活躍するScotty Campsのシューズリソールの映像を紹介する。繊細な手付きと職人の愛情をもって、履き潰されたクライミングシューズが1つひとつ新品同様のソールに生まれ変わっていく様子を見ることができる。
履きすぎて穴が空いてしまったシューズがあれば、ぜひリソールに出していただきたい。

Resole – The craft behind climbing shoe repairs

出典:Vimeo(Pinnacle Sports)

■関連リンク

Scotty Camps

■関連記事

2016年La Sportiva(ラ・スポルティバ)新作クライミングシューズ紹介

2015年発売予定!最強の柔らかさを実現した“スカルパフーリア”

天才と称される国内未発売のクライミングシューズ“スポルティバジーニアス”

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP