世界最大級の写真展『Red Bull Illume』が東京で初開催

2018.03.22
FINEPLAY編集部

(C) Red Bull Illume

2018年4月19日から4月27日の9​日間、赤坂サカスにて連夜開催

エナジードリンクメーカーのレッドブルは、2018年4月19日~4月27日の​9​日間、桜舞い散る東京・赤坂にて、アクション&アドベンチャースポーツのジャンルをテーマとした世界最大級の国際写真展「Red Bull Illume」を開催する。

10年以上、Red Bull Illumeはアクション&アドベンチャースポーツのジャンルをテーマとした世界最大級の写真展として、その地位を築いてきた。今回展示される作品は、約3万枚を超える応募の中から「Red Bull Image Quest 2016 (レッドブル・イメージ・クエスト)」にて最優秀賞を受賞した55枚の作品。
そして、そこにスマートフォンで撮影した写真を対象に行うローカルコンテスト「ナショナル・モバイル・コンテスト」にて最優秀賞を受賞する5枚が加わった合計60枚の作品が展示される。

Red Bull Illume

(C) Suguru Saito / Red Bull Content Pool

(C) Suguru Saito / Red Bull Content Pool

(C) Red Bull Illume 2016

(C) Ale Di Lullo / Red Bull Illume

(C) Lorenz Holder / Red Bull Illume

Red Bull Illume (レッドブル・イリューム)開催概要

日程:2018年4月19日(木)~4月27日(金) 入場無料
時間:18:00~22:00の間のみ開催
場所:赤坂サカス(東京都港区赤坂5-3)
オフィシャルパートナー:ソニー、ヨドバシエクストリーム、G-Technology、Broncolor

Red Bull Illume(レッドブル・イリューム)について

Red Bull Illumeは、アクション&アドベンチャースポーツをテーマにした、世界最大の国際写真展です。地球上で最もクリエイティブかつ人を魅了する写真を芸術作品として紹介し、アクションスポーツの世界をより身近に感じてもらえることを目標に開催しています。
今回赤坂サカスに展示される作品は2016年に開催されたRed Bull Image Quest(レッドブル・イメージ・クエスト)にて最優秀賞を受賞した11ジャンル・55枚の作品で、この東京で6国目の展示となります。

Red Bull Image Quest(レッドブル・イメージ・クエスト)」は、2007年、2010年、2013年、2016年と過去4回開催しています。前大会の2016年には、世界120カ国5,645人のフォトグラファーによってコンテスト史上最多となる34,624枚の写真の応募がありました。
その後、53人のフォト・エディターが55人のファイナリストを選出し、2016年9月28日にアメリカのシカゴで開催された「Red Bull Illume授賞式」にて、11個のカテゴリー毎に優秀賞を選び、さらに総合的な最優秀賞受賞者を1名選出しました。

栄えある最優秀賞に選ばれた1枚は、ドイツ人フォトグラファーのLorenz Holderさん(ロレンツ・ホルダー)が撮影した、紅葉美しいドイツでのBMXアスリート、Senad Grosic選手(セナッド・グロシック)が橋の上でライディングしている写真で、大会2度目の総合優勝を獲得しました。
このファイナリスト55名の写真がRed Bull Illume展示ツアーと銘打ち、2018年半ばまで世界中を回る予定です。

また、2016年度のイメージクエストでは、ソニー、ヨドバシエクストリーム、さらにハードディクスメーカーのG-Technologyや照明機材メーカーのBroncolorがオフィシャルパートナーとなりました。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング