ストリートブランド「DC」が新ブランドアンバサダーに俳優の上杉柊平を起用

2018.10.06
FINEPLAY編集部

アクションスポーツブランドのDC(ディーシー)は、2018年9月より新ブランドアンバサダーに俳優の上杉柊平を起用した。

映画やドラマ・舞台など俳優で活躍する一方、ファッション誌やコレクションでのモデル活動、ストリートカルチャーにも精通したバッググラウンドを持つ同氏のライフスタイルに共感し、起用に至った。

上杉柊平を起用した広告ビジュアルは、DC 2018 FALLブランドキャンペーン「Yours for the taking/あなたがえらぶべきもの」より展開され、ファッション雑誌を皮切りに、各メディア、オフィシャルWEBサイトやSNS、全国のDC取扱店舗で展開される。

「Yours for the taking/あなたがえらぶべきもの」は、ブランドアンバサダーの上杉柊平を筆頭に、スケートボードライダーの本郷真太郎、ダンサーのASUKA yazawa、アーティストのYOSHI47を含む4名をモデルとして起用したブランドキャンペーン。ドキュメンタリー映像や写真を通して、彼ら独自の確立したライフスタイルと共に、それぞれが厳選したDC FALL COLLECTIONの着こなしを紹介する。

上杉柊平 プロフィール

1992年5月18日生まれ。
ドラマ、映画、舞台にCMなど、さまざまなフィールドで活躍する俳優。映画『リバーズ・エッジ』、ドラマ『幸色のワンルーム』など話題作に出演。8月20日に1st写真集『Deja-Vu 』をリリース。11月からは、2018 PARCO PRODUCE“三島×MISHIMA”舞台『豊饒の海』に出演。

DC

1994年スケートシューズブランドとして誕生以来、瞬く間にのシーンのリーディングブランドへと成長したDC。今日では、グローバルブランドとして、スケートボードシューズやアパレルだけでなく、ライフスタイルのシューズやアパレル、スノーボード、スノーボードブーツ、アウターウェアを世界中で展開しています。

また、DCが有するスケーター、スノーボーダーからなるワールドクラスのチームはブランドの象徴であり、シグネチャープロダクトの開発やプロモーション活動をサポートしています。

関連キーワード
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング