「アイスクロス・ダウンヒル」世界選手権の2018-19シーズン開幕戦、12月に横浜市で日本初開催!

2018.09.23
FINEPLAY編集部

アイスホッケー、ダウンヒルスキー、そしてスノーボードクロスの要素を取り入れた競技「アイスクロス・ダウンヒル」の世界選手権、ATSX Red Bull Crashed Ice World Championshipの2018-19シーズン開幕戦を、12月7日(金)、8日(土)に横浜市にて日本で初開催する。

その観戦チケットが、9/15(土)12:00よりイープラスにて先行予約、9/29(土)11:00より各種プレイガイドにて一般販売される。

レッドブル・クラッシュドアイスは、アイスホッケーのプロテクターを付けた選手が、最高時速80kmに達する中、1レース4名ずつ街中に設置された最長約600メートルの高低差がある氷の特設コースを、障害物をかわしながら一斉に滑り降りるレースです。

2001年に初開催、2010年より世界選手権となり、これまで49大会を開催している。そして記念すべき50回目の大会を、横浜市にて日本で初開催する。

大会概要

名称: Red Bull Crashed Ice Yokohama 2018
レッドブル・クラッシュドアイス横浜 2018
会場: 臨港パーク特設会場(神奈川県横浜市⻄区みなとみらい 1 丁目 1-1)
日時: DAY1 予選日 2018年12月7日(金)OPEN 15:00 START 17:15
DAY2 決勝日 2018年12月8日(土)OPEN 15:00 START 18:00
※雨天決行・荒天中止
※予告なく変更になる場合があります
内容:アイスクロス・ダウンヒルの世界選手権、ATSX Red Bull Crashed Ice World
Championship
(ATSX レッドブル・クラッシュドアイス・ワールドチャンピオンシップ)
2018-19シーズンの開幕戦
主催:レッドブル・クラッシュドアイス実行委員会
後援:横浜市
協賛:BFGoodrich、FWD 富士生命保険株式会社、ジャガー・ランドローバー・ジャパン株式会社

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング