|

CULTURE

映画『X-ミッション』時速100キロで決死の直滑降!大迫力の極限スタント舞台裏解禁

『X-ミッション』極限スノーボードスタント舞台裏解禁

映画『X-ミッション』

世界トップアスリートが前代未聞のノーCGで繰り広げる、最強MG(マジガチ)リアル・アクション映画『X-ミッション』公開直前スペシャル!スノーボード・アクションの撮影に迫った特別映像が解禁!
プロスノーボーダー・國母和宏さんが「すべてのシーンで鳥肌がたつ素晴らしい作品」と絶賛する本作。切り立った雪山を時速約100キロメートルで直下滑降する、超無謀スタントに挑んだプロスノーボーダーたちの撮影舞台裏に迫る映像は、「10年に1本の、ノーCGアクション映画」と呼ぶに相応しい、大迫力!

映画『X-ミッション』

本アクション・シーンは、イタリア西ヨーロッパ・アルプスの最高峰、標高4810.9メートルの山モンブランで撮影。MAXで時速約105kmの猛スピードで滑降するこの危険極まりないスタントを、7度のチャンピオンに輝いたグザヴィエ・ドゥ・ラ・リュー、オリンピック金メダリストのユーリ・ポドラドチコフ、そしてラルフ・バックストローム、ミッチ・トッドラーら世界トップクラスのスノーボーダーたちが挑んだ。

撮影に割り当てられた3週間半のうち、実際に撮影できたのはたった11日間。エリクソン・コア監督は「僕は大きな雪崩が起きた時、カメラを操作していたんだよ」と驚きの撮影現場を振り返る。
映像にはカメラを構えているスタッフの横をものすごい速さで滑り降りるアスリートたちが映され、その後すぐに雪崩が起きる衝撃の場面も。第二班監督のロブ・ブルースは「4人が崖から着地したら、雪面全体が崩れ始めた」と驚きを見せながらも「こうゆう映像はどうしても捉えたい」と命を顧みずに撮影に挑んでいたことが分かる。
アスリートたちも、「タフな僕らでも恐怖心との闘いになる」と本音をこぼす一方で、「滑降中、最高なのがただ身を任せる瞬間なんだ」と恐怖と爽快感が共存することを明かす。ケタはずれの身体能力と運動神経を駆使し、目を疑うほどの急斜面や崖際を、雪しぶきを撒き散らしながら滑る生身のアクション・シーンは、まさに鳥肌モノ!

映画 『X-ミッション』特別映像(スノーボード)【HD】2016年2月20日公開

『X-ミッション』(原 題:POINT BREAK/公開:2016年2月20日)

■監督・撮影:エリクソン・コア (『ワイルド・スピード』撮影)
■脚本:カート・ウィマー『完全な る報復』『ソルト』
■原案:POINT BREAK
■出演:エドガー・ラミレス『ボー ン・アルティメイタム』、ルーク・ブレイシー『スパイ・レジェンド』、
テリーサ・パーマー『ウォーム・ボ ディーズ』、デルロイ・リンドー『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』、
レイ・ウィンストン『ノア 約束の 舟』
■配給:ワーナー・ブラザース映画
■コピーライト:(c) 2015 Warner Bros. Ent. (c)Alcon Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
114分 PG-12
■公式サイト:www.xmission.jp

■関連リンク

Official

■関連記事

極限リアルアクション映画 『X-ミッション』のオンライン限定予告映像解禁!

映画『X-ミッション』で世界最大980mの絶壁を登る“極限ロック・クライミング”撮影映像解禁!

『GREENROOM FESTIVAL’16』2016年5月21日(土)、22日(日)に開催決定!

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP