【RED BULL BC ONE WORLD FINAL 2017】開幕直前スペシャルインタビュー

2017.11.04
FINEPLAY編集部

「RED BULL BC ONE WORLD FINAL 2017」開催直前スペシャルインタビュー

今年で14年目を迎えた世界最高峰の1対1ブレイクダンス・バトル・コンテスト『Red Bull BC One』のワールド・ファイナルが11月4日(土)、オランダ・アムステルダムで開催される。
11月2日(現地時間)、ワールドファイナル1枠は激闘の末、B-BOY LEONY(ブラジル)が見事優勝に輝き、世界への挑戦権を獲得した。

FINEPLAYではワールド・ファイナル開幕直前に控えたISSEISHIGEKIXAYUMIを含む、注目のB-Boy・Girl 6名に意気込みを聞いた。

SHIGEKIX

SHIGEKIX

「初出場かつ最年少というのもあって、みんなから注目されているのを感じてますが、それをプレッシャーと感じず、できることをやろうと思っています。
あまり硬くならずに楽しんで舞台に立てたらと思っています。目標は当然優勝です。歴史を作っていきたいです。」

AYUMI

AYUMI

「バトル表が出される時はすごく緊張してたんですが、対戦相手が決まった時にいい意味で「やるしかない」と吹っ切れました。初戦のKILLは、パワームーブの世界トップレベルのB-Boyなので「当たって砕けろ」の気持ちでいきます。明日は緊張すると思うんですけど、自分のスタイルで結果につなげていきたいと思います。頑張ります!」

ISSEI

ISSEI

「対戦相手が決まって初戦から油断はできないので、しっかり気合を入れてやります。
いつもと同じスタンスなんですが、バトルでしっかり印象に残したいのと、自分の一番いい部分を出してベストを尽くします。
そうしたら結果もついてくると思うので、優勝(2連覇)狙って頑張りたいです。」

MENNO

MENNO(オランダ)

「自国開催は、オランダのB-Boyコミュニティーにとってすごく意味のあることです。
仲間や親にバトルを見てもらえることはとても嬉しいですが、プレッシャーも感じており緊張感があります。
初戦でRATINとバトルできることは嬉しい。彼のスタイルが好きだしリスペストしています。この組み合わせになることによって、お互いにいいものを引き出せると思う。
きてくれるお客さんにはショーを楽しんでもらいですし、B-Boy達にはワールド・ファイナルを見て是非モチベーションにつなげて欲しいです。」

THESIS

THESIS(アメリカ)

「会場自体がすごくクールで、過去の他の会場と比べてコンパクトで密度が高く、ジャッジやお客さんとの距離が近くすごく良いです。
今いろんな感情が入り混じっていて、緊張感もあるし、エキサイティングもしているけど、怖いというのはないです。
準備はできていて勝つ自信はあるので、明日に向けてしっかり休んで優勝を狙って楽しみたいです。」

KILL

KILL(韓国)

「初戦、B-Girl AYUMIとのバトルはとても光栄です。AYUMIのスタイルはとても好きでリスペクトしています。
史上初のB-Girlとして出場するAYUMIとのバトルはすごく注目されると思います。
自分のスタイルであるパワームーブは 1 on 1 では勝つのが難しいと言われますが、でも僕はこのワールド・ファイナルで絶対にやってみせます。
世界中のパワームーブファン達にパワームーブで勝てることを証明したい。全力を尽くして頑張ります。」

Red Bull BC Oneとは

2004年にスイスでスタートしたRed Bull BC Oneは、 レベル、 開催規模、 ステータス、 どれをとってもブレイクダンスの世界では唯一無二の1on1ブレイクダンス・バトル・トーナメント。 「ブレイクダンス」として知られるこのダンススタイルは本来、 「Breaking:ブレイキング」と呼ばれ、 踊り手はその頭文字を取ってB-BoyもしくはB-Girlと呼ばれます。
また、 日本国内の予選大会はいずれも世界レベルのダンスバトルが繰り広げられることで知られています。

Red Bull BC One World Final 2017 大会概要

大会名:Red Bull BC One World Final 2017
開催場所:オランダ・アムステルダム
開催日時:2017年11月4日(土)
ライブ配信時間:21:00(日本時間11月5日05:00)スタート~22:30(日本時間11月5日06:30)表彰式
招待 B-Boy(日本代表)ISSEI、 SHIGEKIX、 AYUMI
招待 B-Boy(海外)MENNO (オランダ)、 THESIS (アメリカ)、 LUSSY SKY (ウクライナ)、 WILLY (フランス)、 KILL(韓国)、 LIL ZOO (モロッコ / オーストリア)、 SHANE (オランダ)、 DANY DANN (フランス)、 WING (韓国)、 ALKOLIL (ロシア)、 MOY (アメリカ)、 RATIN (ブラジル)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング