フランスのSALAHが優勝賞金1000万円を獲得!「DANCE ALIVE WORLD CUP 2018」

2018.08.04
SHIN

2018年8月3日(金)、さいたまスーパーアリーナにて白熱のストリートダンスバトルイベント「DANCE ALIVE WORLD CUP 2018」が開催され、ファイナルでフランスのSALAHが日本代表のISSEIを破り見事優勝を手にした。

国内初開催となった今大会はなんと優勝賞金1000万円!ソロダンスバトルでのこの賞金規模は世界初となる。招待されたバトルダンサーのメンツもまさに世界規模、先日4月22日に行われた日本国内決勝戦「DANCE ALIVE HERO’S FINAL 2018」で優勝した日本代表の4名に加え、北中米 / 欧州 / 南米 / アジアから招待された世界各国の精鋭、計11名のダンサーが1対1のトーナメントにより頂点を競った。

世界最高峰の大会であるJuste Debout やUK B-Boy Championshipsで過去に優勝経験のあるGREENTECK(カナダ)や、Red Bull BC One All StarsのメンバーであるLil G(ベネズエラ)といった世界でもトップレベルのダンサー参加するなか、初戦からセミファイナルまでジャッジ票をすべて獲得するなど圧倒的な強さで勝ち上がってきたISSEIと、1回戦からすべてのムーブで会場を沸かせてきたSALAHとのファイナルバトルとなった。

決勝戦ではDJがかけるフリージャンルの音楽にのせて、ずば抜けたブレイキンのスキルとハイクオリティな技、そしてパッションをみせたISSEIに対して、まさにフリースタイルなムーブと唯一無二の表現で決勝でも会場を大いに沸かせたSALAHがその力を見せつけ、ジャッジすべての票を獲得し勝負を制した。

DANCE ALIVE WORLD CUP 2018

photo by kazuki

DANCE ALIVE WORLD CUP 2018

photo by kazuki

優勝者したSALAHは「DANCE ALIVE WORLD CUP2018で優勝できて、そして日本でこの様な素晴らしい経験ができて本当に嬉しいです!!特に新しい世代のダンサー達に『ダンスを楽しむ事をずっと忘れないでね』と伝えたいです。今日、私とバトルを繰り広げてくれたダンサー達、観客の皆さん、そして大会に関わって下さった全ての皆さんに感謝致します。愛してるよ!本当にありがとう!!」とコメント。

photo by kazuki

さらに、スペシャルパフォーマーとしてPKCZ®、®AG POUND、J.S.B.underground、Zeebra、HONEST BOYZ®、SKY-HI、佐藤晴美、SHOKICHI、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE、FANTASTICS、BALLISTIK BOYZ 他、豪華メンバーが登場。「DANCE ALIVE WORLD CUP 2018」をダンスと音楽でさらに盛り上げるべく、最高のパフォーマンスを披露し、会場を沸かせた。

photo by masahiro mizuguchi

photo by masahiro mizuguchi

DANCE ALIVE WORLD CUP 2018

photo by masahiro mizuguchi

DANCE ALIVE

photo by masahiro mizuguchi

DANCE ALIVE WORLD CUP 2018

photo by kazuki

DANCE ALIVE WORLD CUP 2018

photo by kazuki

▼結果
1位:SALAH(フランス)
2位:ISSEI(日本)
3位:GREENTECK(カナダ)
3位:Konkrete(アメリカ)

DANCE ALIVE WORLD CUP 2018とは

2005年に日本で誕生したNo.1 ソロダンスバトルイベント「DANCE ALIVE」の
世界大会。数多くの名バトルを残し、数多くのソロバトラーを輩出するなどダンスシーンに多大な影響を与えてきたダンスアライブ。世界最高峰のダンスバトルとして「ワールドカップ」の名称で2013年にシンガポールで初開催し、参加国は11ヵ国で「フランス/イタリア/アメリカ」などは招待国として参加。2回目となるワールドカップは2014年台湾で開催され、大いに賑わいを見せた。

そして満を持して2018年、今までの経験を元に新たなワールドカップの開催を決定。

開催概要

[日程] 2018年8月3日(金)
[場所] さいたまスーパーアリーナ
[時間] 開場 12:00 / 開演 13:00
[主催] ダンスアライブワールドカップ実行委員会
[協賛] LAWSON
[企画制作]株式会社アノマリー/株式会社LDH JAPAN

執筆者について
SHIN
10代の頃、プロ野球チームである 東京ヤクルトスワローズ のジュニアチームに所属し、日本一になったことをきっかけにスポーツが大好きになる。学生時代から現在まで、ダンサー、バックパッカー、スノーボードインストラクター、学生起業、イントレプレナー、デジタルマーケティングなどを経験し、様々なフィールドで活動中。FINEPLAYでは、ダンサーとしての活動経験や、スポーツの実体験を通じて、よりプレイヤー目線で、リアルな情報を発信。
ピックアップフォト
  • 日本一の高校生サーフィン大会 結果発表!
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング