ShigekixとAyaneが世界一を目指して戦う「Red Bull BC One World Final 2020」開幕直前インタビュー

2020.11.28
FINEPLAY編集部
Little Shao/Red Bull Content Pool

今年で17回目の開催を迎えるブレイキンシーン最高峰の1on1バトル 「Red Bull BC One World Final 2020」が、いよいよ11月28日(日本時間29日)にオーストリアにて開催される。
本年は新型コロナウイルスの影響で、一度シーズン延期のアナウンスを行っていたが、例年とフォーマットをを変更し、招待BBOY・BGIRLのみが参加する配信イベントとして開催が決まった。※配信ページは記事下部に記載

Little Shao/Red Bull Content Pool

近年、 Red Bull BC One World Final では日本人選手の活躍が目立ち、2016年のISSEI、2018年のAMIとBBOY・BGIRL共に日本からワールドチャンピオンを輩出している。

今大会には、 World Final 2015に当時15歳で出場し、 Red Bull BC One World Final の最年少出場記録を更新した Shigekix と、Shigekixの実姉であり国内外問わず多くの大会での実績を持つAyaneが招待選手として参加する。

日本をレペゼンし、世界一を目指して戦う2人に開幕直前インタビューを実施!現地の様子や今回のワールドファイナルへかける想いなど、BBOY・BGIRLの声をレポートします。

BBOY Shigekix

Little Shao/Red Bull Content Pool

—オーストリアでのコンディションはいかがですか?

他のBBOY&BGIRLに比べてオーストリア入りしたのが遅かったので、現地に到着したのは当日の1週間前でした。
到着してこれで4日目ですが、食事を選び、練習も問題なく行っていてコンディションは良いと感じています。

現在オーストリアはロックダウン下にあるので、ずっとホテルの部屋の中にこもりきりですね。姉のBGIRL Ayaneであっても2mの距離を取り、食事も自分の部屋か離れたテーブルで。練習場所も1人しか使うことができず、マスクの着用は必須です。検査も頻繁にあり、2日に1回はPCR検査を受けています。

Red Bullのオーガナイズがしっかりしているため、日本にいるよりも感染対策はシビアに感じています。

唯一時差ボケを心配していましたが、フライトスケジュールや現地での生活を確認した上で入念に準備をしたおかげもあり、1日目から時差ぼけもなく過ごすことができています。

—今回のRed Bull BC ONE WORLD FINAL出場が決まったときの心境は?

姉・BGIRL Ayaneと同じタイミングで出場決定の報告を受けたので、姉弟で出場できると分かって率直にうれしかったですね。

オーストリアでは24時間バトルについて考えてしまうので、距離は離れていても現場で家族とたわいのない話ができることに助けられています。
僕自身は2度目の出場で、できれば毎年このステージに立ちたいという気持ちで踊っています。そういった意味でも素直に嬉しかったです。

—今大会に向けて意識していることはありますか?

今回のバトルでは無観客試合となるので、観客の声援や盛り上がりが体感できません。しかしカメラ越しに世界たくさんの人たちが盛り上がり、応援してくれていることを思い描きながら、良いダンスへのモチベーションにしていきたいです。

—マークしているBBOYはいますか?

TOP8になってくると誰が優勝してもおかしくありません。とりわけRed Bull BC ONE WORLD FINALはベストなコンディションでダンスをするために一戦一戦集中して踊り切る必要があります。

初出場の際はベストなコンディションでバトルに臨むことができましたが、今回もそのようにうまくいくほどこの舞台は簡単ではありません。

変に相手を意識してペースを乱してしまわないように、相手に甲乙をつけずワンバトルに全力で集中して望むつもりです。

Little Shao/Red Bull Content Pool

—2度目の出場となる今回のRed Bull BC ONE WORLD FINAL、どのような大会にしていきたいですか?

前回はステージに立てることが嬉しくて、相当自分の中でもプラスになったと感じています。今回は8人の中に選ばれたことを嬉しく思っていますが、それ以上に優勝することを意識して練習をしてきました。

先日の「第2回全日本ブレイキン 選手権」のときのように硬くなりすぎず、過去や未来ではなく目の前のバトルに集中して、現在の自分をしっかり出した踊りをしたいと思っています。

—日本でバトルを見ている方へのメッセージをお願いします。

すでにたくさんの方からSNSなどでメッセージをいただいていて、そのおかげで当日は頑張ろうと思うことができています。

ライブ配信でも、アーカイブ配信でも画面越しで応援していただけたら嬉しいです。応援をもらうだけではなく、こちらから皆さんへもエールを送ることができるような期待以上のバトルをお届けするつもりです。楽しみに待っていてください!

BGIRL Ayane

Little Shao/Red Bull Content Pool

—オーストリアでのコンディションはいかがですか?

おとといオーストリアに到着しました。これまでのRed Bull BC ONE WORLD FINALのための練習や普段の仕事、D.LEAGUEに向けた準備などがあり寝不足の日々が続いていたようで、飛行機の中や移動中、ホテルについてからもずっと寝ていました。
コンディション的には、ずっと寝ていたのでこれまでの寝不足も解消されて良い感じに体作りができたのではないかと思います。

また今大会は弟のBBOY Shigekixと姉弟での出場となるのですが、新型コロナウィルス感染症流行の感染対策のために、一緒にどこかへ行ったり、部屋でしゃべったりはできません。
移動やご飯の際にも2m離れなければならないので直接しゃべったりする機会は少ないのですが、実は私は今日が誕生日なので、「誕生日おめでとう」と同じホテルにいるのに電話をかけてくれました!

当たり前だと思っていた環境が今ではそうではないので、メッセージや電話といったちょっとしたやりとりが嬉しく感じますし、そういった面ではBBOY Shigekixのおかげでメンタル面でもリラックスできています。

—今回のRed Bull BC ONE WORLD FINAL出場が決まったときの心境は?

BGIRL部門がなかった頃からずっとこの舞台に立つことが目標だったので、今回お話しをいただいた時に「やったー!」と叫んでしまいました(笑)。

BGIRLの部門ができて今年で3年目になるのですが、これまではチャンスに恵まれなかったので、嬉しくて、ワクワクしましたね。緊張はしているのですが、その分とても楽しみですし、せっかくこの舞台に立てるのであれば、良いムーブ、良いダンスをしたいです。

—今大会に向けて意識していることはありますか?

Red Bull BC ONE WORLD FINALはラウンド数が多く、バトルでたくさんムーブをしなければいけないので体力が重要になります。疲れが出てきたときにいかに良いムーブができるかが勝敗の分かれ目になるんです。

それだけでなく、BGIRLはBBOYに比べて動きが遅くなりがちなのでスピーディ、シャープに動けるように意識しています。

また、今回は無観客、オンラインでの配信となるので、画面越しで見てくださっている皆さんにも私の動きの良さが伝わるように工夫して練習を行ってきました。
私はオーディエンスの声援がエナジーになるタイプではあるのですが、自分がどれだけやれるかというところになってくるので無観客であることは意識せずに集中して、自分の良さを最大限発揮できるダンスをしたいと思っています。

—マークしているBGIRLはいますか?

今大会に出場するBGIRLは全員バトルで会ったことがあり、直接バトルをしたことがあるBGIRLもいます。それだけ縁があるBGIRLばかりなのですが、マークしているBGIRLはいません。

まずは「いかに自分らしく踊ることができるか」。それができてようやく勝敗につながってくると自分の中では考えています。
誰に当たってもヤバいBGIRLばかりなので、あとは私自身がどうカマしていくかを考えて、当日のバトルを迎えたいと思っています。

Little Shao/Red Bull Content Pool

—今回のRed Bull BC ONE WORLD FINALをどのような大会にしていきたいですか?

私の武器は、BGIRLだけどBBOYっぽいカッコよさや、ダイナミックな動き、ムーブです。楽しく踊れている時が自分らしく踊れている時なので、それを精一杯出し切りたいです。

周りの7名に負けない力強いにダンスに注目して見てもらえたらと思います。

—日本でバトルを見ている方へのメッセージをお願いします。

SNSなどで目に見える形ですでにたくさんの応援をいただいています。ライブストリームの画面越しでも「頑張れ!」と思ってもらえたらその気持ちも確実に私の力になるので、ぜひ応援よろしくお願いします!

私は今回のRed Bull BC ONE WORLD FINALは初舞台なのでとてもワクワクしています。100%の自分で踊れるようにしっかり準備してきているので、その姿を多くの人に見てほしいですね。

Little Shao/Red Bull Content Pool

配信チャンネルではライブストリーミングはもちろん、日本向けの解説配信、また見逃し配信も可能、2020シーズンのワールドチャンピオンが決まる瞬間を見逃すな!

interview by 伊藤兼子、秋山真
text by 金子修平 、秋山真

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
直近のおすすめはありません
直近のイベント
イベントスケジュール
4月 2021
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 3月   5月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧