全日本FMX選手権「GO BIG 2018」、X-GAMESシルバーメダリスト渡辺元樹が初の栄冠

2018.09.25
FINEPLAY編集部

FMX(フリースタイルモトクロス)の聖地と言われる福島県鮫川村にあるモトパーク森で全日本FMX選手権が開催された。昨年10周年を迎えた今大会は3年ぶりに同会場に戻ってきたこともあり、多くのファンの熱気に包まれた。

これまで5度王者に輝いている、鈴木大助やFMXのレジェンド、釘村孝太らが順調に勝ち進む中、X-GAMES Best Whipで2位に輝いた渡辺元樹が伸びのある大きなトリックで決勝に駒を進め、昨年王者の高橋仁を打ち破り、全日本王者に輝いた。

渡辺は初の全日本タイトル。佐藤英吾、鈴木大助、釘村孝太、高橋仁に次ぐ5人目のチャンピオンとなった。

GO BIG 2018

渡辺元樹選手のコメント

若手の成長もある中で、僕自身8年かかって日本のフリースタイルで優勝できて今は安心しています。何より、このFMXの聖地で皆さんの前で勝てたことが嬉しいです。応援ありがとうございました。

写真提供:GO BIG 2018

開催概要

名称:GO BIG 2018【全日本フリースタイルモトクロス(FMX)選手権】
開催日:2018年9月23日(日祝) 
会場:モトパーク森 [福島県東白川郡鮫川村赤坂東野大石草212]
主催:GO BIG実行委員会
後援:バンザイマガジン

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング