フリースタイルフットボールの祭典「SUPER BALL」が閉幕!Yo、Kazaneがベスト4の快挙

2018.09.02
TanakaHiromu

チェコで開催されていた世界最大規模の大会「SUPER BALL 2018」が、日本時間の8月25日(土)深夜に最終日を迎えた。日本からは、Battle部門にYoとKazane、Routine部門にYOSSHI、Double Routine部門にYOSSHI & YU-JとKo-suke(MAX) & Amaが出場した。

Battle部門ではYo、Kazaneともに自身初となるトップ4に進出。トップ4ではYoがErlend(ノルウェー)、KazaneがBoyka(コロンビア)と対戦したが、互いに惜しくも敗れた。この結果、3位決定戦ではYoとKazaneの日本人対決が実現した。同カードは昨年のトップ16でも実現したが、2年連続でYoが勝利し、Battle部門で日本人最高位となる3位に輝いた。

決勝はErlend vs Boykaとなり、最後はErlendが2年ぶり2度目の優勝を果たした。Boykaは自身初となる決勝進出だったが、惜しくも優勝はならなかった。

Routine部門ではKVP(ベラルーシ)が優勝し、日本のYOSSHIは3位で3年連続となる表彰台入りを果たした。

Double Routine部門ではFagerli Brothers(ノルウェー)が3連覇を果たした。日本のYOSSHI & YU-Jが準優勝、Ko-suke & Amaが3位に入賞している。

YOSSHI & YU-J

Ko-suke & Ama

YOSSHI & YU-Jのパフォーマンス中には、照明が消えてしまうアクシデントもあったが、最後までパフォーマンスを続け、2年連続の準優勝という成績を残した。

また、Routine部門で6連覇中だったGautier(フランス)が、Routine部門での自身のパフォーマンス後に、大会からの引退を発表した。

全部門の最終結果

Battle

優勝:Erlend(ノルウェー)

準優勝:Boyka(コロンビア)

3位:Yo(日本)

※Kazaneがベスト4
※Canata、Ibuki、Yu-riがベスト32

Female Battle

優勝:Kalina(ポーランド)

準優勝:Aguska(ポーランド)

3位:Alexane(フランス)

Routine

優勝:KVP(ベラルーシ)

準優勝:Luki(ポーランド)

3位:YOSSHI(日本)

Double Routine

優勝:Fagerli Brothers(ノルウェー)

準優勝:YOSSHI & YU-J(日本)

3位:Ko-suke & Ama(日本)

Show Flow

優勝:Erlend(ノルウェー)

準優勝:Boyka(コロンビア)

3位:VLO(スウェーデン)

Sick Three

優勝:Krog(ノルウェー)

準優勝:Kvartam(ハンガリー)

3位:Aksel Mutlu(ロシア)

Iron Man

優勝:Pavlov(ロシア)

準優勝:Krog(ノルウェー)

3位:Zegan(ポーランド)

Challenge

優勝:KONDOZIO(ポーランド)

準優勝:ARS(ロシア)

3位:Alekseev(ロシア)

Intermediate Battle

優勝:EgorFS(ベラルーシ)

準優勝:Dylan(オーストラリア)

3位:Lukojko(ポーランド)

Rookie Battle

優勝:Tobias Wolff(ノルウェー)

準優勝:Michael Horvat(チェコ)

3位:Filip Dudzik(ポーランド)

Super PannaBall

優勝:Bencok(ベルギー)

 

記事提供:JF3(日本フリースタイルフットボール連盟)

JF3(日本フリースタイルフットボール連盟)

日本フリースタイルフットボール界を統括し、シーンの普及・発展に寄与する団体。WFFA(世界フリースタイルフットボール協会)やAF3(アジアフリースタイルフットボール連盟)と連携しながら、今後もシーンの普及・発展に寄与していく。

関連キーワード
執筆者について
TanakaHiromu
中学時代からフリースタイルフットボーラーとして活動し、学園祭や各種イベントでのパフォーマンスのほか、大会にも出場。2014年の関東大会ではベスト4にランクインした。現在はシーンの普及・発展に携わっている。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング