|

INTERVIEW

【独占インタビュー】ダンスボーカルグループ Beat Buddy Boi

【独占インタビュー】ダンスボーカルグループ Beat Buddy Boi

武道館でワンマンライブをするっていうのが一番の目標

ストリートダンスの世界大会で優勝経験をもつダンサー7人による世界レベルのダンスと、クリアなマイクパフォーマンスと独自のフロウで魅せるSHUNのラップが融合した、日本のみならず世界で活躍しているダンスボーカルグループ“Beat Buddy Boi”。
「ヤフオク×FINEPLAY私物オークション企画」に“Beat Buddy Boi”登場を記念し、FINEPLAYはWWSチャンネルと共同で、結成の経緯から今後の目標などを語ってもらった。

【独占インタビュー】 Beat Buddy Boi


—Beat Buddy Boiのグループ名のコンセプトおよびテーマは?

akihic☆彡:Beatが音で、Buddyが友達、Boiは男の子。Buddyが普通のフレンドよりも意味が深いというか親友っていう意味があって。その音と友達になれるようなチームになりたいっていうのが最初のコンセプトにあって、音を視覚で見せるじゃないですけど、そこの部分を打ち出したチーム名にしました。

—新曲のプロモーションで先日、渋谷を1日ジャックしましたが反応は?

SHUN:渋谷ジャックという事で、僕たちの中でも初めての試みだったので凄いドキドキしてたんですけど。新曲が渋谷が舞台という事でファンの皆が駆けつけてくれて、一緒に踊ったりとかゲリラでライブしたりとか本当に今までに無かった体験を出来たので僕たちもすごい楽しめた 渋谷ジャックとなりました。

—激しいライブパフォーマンスに定評がありますが、日頃から体調管理やトレーニング方法など気をつけていることはありますか?

Toyotaka:やっぱりダンサー皆、体を使って酷使していく部分があるのでジムに空いてる時間に通って水泳をしたりとかウェイトトレーニングをしたりとか、そういう体力作りの方から攻めていったり、あとパフォーマンスする中で一番体力大事なので、結局踊り込んで自分の体に染み込ませるっていう部分が一番大事なので、常に毎日毎日全員でリハーサルを行いながら数時間に及ぶ練習を重ねています。
体調管理に関してはやっぱり個人個人色々なこだわりがあるんですけど。食事に凄い気を使っていたり、炭水化物を食べ過ぎないでタンパク質を沢山とるような、食事を気にかけながらやっています。

—これからダンサーを目指す方へアドバイスはありますか?

YASS:シンプルに言ったら続ける 事が大事だと思うので、自分がやりたい事とか目指しているものに対してめげずに続けるが大事だと俺は思います。

—今後目指したい方向性や、 目標とするアーティストなどはいますか?

SHUN:僕たちBBB(Beat Buddy Boi)としては武道館でワンマンライブをするっていうのが一番の目標でもあるし夢でもあるので、そこに向かってですね、日々僕たち努力して良い楽曲、良いパフォーマンスを出来るように心がけています。
日本を代表するダンス・ラップユニットでしっかり日本中に僕たちの音楽を届けられるような存在になりたいなと思っております。

—最後にファンのみなさんへメッセージをお願いします!

SHUN:Beat Buddy Boiです。僕たち8人でダンスとラップっていうものを使って、僕たちにしか出来ない音楽を作り出していますので皆さんも是非一度ライブにも足を運んでもらって是非ともBBBのライブを体感してもらえたらなと思います。
応援宜しくお願いします!以上、Beat Buddy Boiでした!

—ヤフオクに私物の出品が決まりましたが、メッセージお願いします!

SHUN:この度、僕たちBBBの私物がヤフオクに出品中なので、みなさま是非ともチェックしてください!みんな思い入れのあるレアなものがいっぱいありますのでみなさん是非ともこの機会にゲットしてください!よろしくお願いします!

ヤフオク「Beat Buddy Boi」私物オークション presented by FINEPLAY

ヤフオク「Beat Buddy Boi」私物オークション presented by FINEPLAY

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい

TOP