Street & Action Sports
OTHERS
2018.01.16

『WADAPOLICE JAM MOTO』1月21日(日)に開催

名古屋メイ
OTHERS
2018.01.16
『WADAPOLICE JAM MOTO』1月21日(日)に開催

2018年1月21日(日)『WADAPOLICE JAM MOTO』開催

FMX(フリースタイルモトロクロス)を見ていて、あんな風に飛べたら気持ちいいだろうな、と思ったことはないだろうか。
そんな人の為のイベント、WADAPOLICE JAM MOTO(ワダポリスジャムモト)が、2018年1月21日(日)、愛知県瀬戸市のスラムパーク瀬戸で開催される。
初開催の前回同様、今回も誰もが安全に楽しくダートバイクを楽しめるコンテンツが揃っている。

コンテンツ紹介

エンジョイミニモトリレー

エンジョイミニモトリレー

photo:maynagoya

バイクに乗った経験がない人でも参加できる!「エンジョイミニモトリレー」。リレー用のバイクは用意されているので、手ぶらでもOK。(ヘルメットやブーツなどの装備品を持っている方は持参歓迎)

ホールショットキングス

ホールショットキングス

photo:maynagoya

1対1のスタートバトル「ホールショットキングス」。UNIT製のスタートゲートを使用した23メートルの超短距離レースは、ものの数秒で決着がついてしまう。観客は一瞬も目が離せない。(バイクは要持ち込み)

ファーストヒットデイ

ファーストヒットデイ

photo:maynagoya

ファーストヒットデイ

photo:maynagoya

あなたもFMXを体験できる!「ファーストヒットデイ」。
通常のFMXランプとは違い、ジャンプ台は土の着地台に埋め込まれて繋がっているので、安心してチャレンジしてみよう!(バイクは要持ち込み)
当日はスラムパーク瀬戸の各コースが開放されるので、自転車でダウンヒルを楽しむこともできる。
また、トップライダー達によるFMXデモンストレーションも行われるので、見る専門の人でも楽しい一日が過ごせるだろう。
観覧のみを含む当日の入場全てには、オフィシャルサイトからのエントリーが必要となっている(観覧のみの場合、中学生以下は無料)。

ファーストヒットデイ

photo:maynagoya

ファーストヒットデイ

photo:maynagoya

瀬戸市について

〇瀬戸市に来たら

WADAPOLICE JAM MOTOに来たら、ダートバイク乗り垂涎の場所に寄って行こう。瀬戸市には、国内最大級のオフロードバイク用品専門店、ダートバイクプラスの実店舗があるのだ。スラムパーク瀬戸から車で7分程度。お年玉は全て持って行った方がいいだろう。

〇瀬戸市は「せともの」の街

WADAPOLICE JAM MOTOに来たら、もう一つ、「せともの」を見ずに帰るのは勿体ない。スラムパーク瀬戸のある愛知県瀬戸市は「せともの」の語源になった街なのだ。
イベントの受付開始は8:00と大変早いので、現地に前泊することを考えている方もいるだろう。終了後でも間に合う施設もある。是非瀬戸市を楽しんでもらいたい。

瀬戸市

photo:maynagoya

スラムパーク瀬戸から車で10分程、名鉄瀬戸線「尾張瀬戸」駅の周辺には、せともの店が並んでいる。
観光拠点となる「瀬戸蔵」の駐車場は1時間無料、以降1時間100円で利用できるので、車を置いて街を散策するのがおすすめだ。
「瀬戸蔵」内にある「セラミックプラザ」では、手ごろな日常使いの器や、瀬戸市のお土産に最適なオカリナや招き猫も並んでいる。
スラムパーク瀬戸から車で5分程のところには、広大な駐車場のある品野陶磁器センターと道の駅瀬戸しなのがある。
それぞれにレストランや売店が併設されており、24時間営業のコンビニエンスストアもある。

瀬戸市

photo:maynagoya

遊び疲れた後の体にも、お土産としてもおすすめ、瀬戸市産スイーツ。

アクセス

スラムパーク瀬戸は高速東海環状自動車道の「せと品野」インターから車で約10分。
周辺には細い道が多く、すれ違うことが出来ない箇所もある。近くにお住まいの方々に迷惑とならないよう、地図の通りにお越し頂きたい。
※ナビの目的地は「スラムパーク瀬戸」ではなく「瀬戸市広之田町540番地」に設定。

スラムパーク瀬戸 地図提供:スラムパーク瀬戸

WADAPOLICE JAM MOTO(ワダポリスジャム モト)

主催:FMXSHOWCASE ENNTERTAINMENT
後援:ダートフリーク株式会社/合同会社ハイラインクリエイト
協力:ヨツバサイクル/ヨツバモト/DIRT FREAK/ZETA/Dirtbike plus/SHIFT/SRAM PARK SETO/UNIT/FAT JOINT METALS/YBP PROJECT/ZANTETU CREW/LOVEIGOBIG/CREDIT/DSE/KIWI ENGLISH SCHOOL

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
名古屋メイ
ブライダルカメラマンになる筈がエクストリームスポーツの撮影ににハマってしまい、 日本中を撮り歩くようになる。撮り続けていれば、いつか佐藤英吾さん(日本のFMXを創った男) に逢えると信じて疑わない。趣味は木こり他、諸々ありすぎ。年齢は内緒。
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
NEXT GENERATION 特集:次世代を担う若きアスリートたち
Red Bull BC ONE WORDL FINAL AMSTERDAM
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY