「X Games Minneapolis 2018」出場3選手の独占インタビュー

2018.07.12
FINEPLAY編集部

7月19日(木)から22日(日)に開催される「X Games Minneapolis 2018」に、モンスターエナジーがサポートするFMX(フリースタイルモトクロス)ライダーの東野貴行渡辺元樹と、スケートボーダーの池慧野巨(アマチュアクラス)の出場が決定した。

「X Games」は選び抜かれた選手のみが参加を許される世界最高峰のアクションスポーツの祭典。今年1月に開催された「X Games Aspen 2018」男子スノーボードスーパーパイプでは、平野歩夢が世界初の連続4回転を披露し優勝するなど、年々日本国内でも注目を集めている大会である。

今回はアメリカ・ミネソタ州のMinneapolis(ミネアポリス)で開催され、東野貴行は今大会で出場12年目を迎える。

開催に先駆け、大会を目前に控える3選手が独占インタビューに応じ、意気込みを語った。

さらに、オリジナルスケートボードなど豪華グッズが当たる「モンスターを買ってSUMMER X GAMES’18を応援しよう!キャンペーン」も開催中。ぜひこの機会をお見逃しなく。

アスリートプロフィール

東野貴行 (ひがしの・たかゆき)

大阪出身/33歳
出場種目:Moto X Freestyle

TAKAこと東野の快進撃は、X Gamesに日本人初のFMXライダーとして出場し、FMXベストトリックでダブルシート・グラブ・バックフリップ・ インディ・エアの大技を決め、ブロンズメダルを獲得した2010年に始まる。

そして2012年、ロサンゼルスで開催されたX Gamesにおいて、FMX フリースタイルでバックフリップ・ロック・ソリッド・ダブル・グラブをファーストランで見事に決め、念願のゴールドメダルを獲得した。

翌年のX Gamesでも2大会連続でゴールドを獲得。日本人初の大会出場12年目になるTAKAのパフォーマンスを見逃すな。

渡辺元樹(わたなべ・げんき)

大阪出身/28歳
出場種目:Moto X Best Whip / Moto X QuarterPipe High Air

モトクロス界からFMXに転向した日本期待のホープ。X Games出場は今回が2回目。レースで培ったジャンプテクニックと持ち前のセンスとパーソナリティを発揮し、一気にトップアスリートの一員となった。

国内のコンペのみならず2014年から海外のコンペにも精力的に参加し、初海外コンペで3位に入賞という華々しいデビューを飾る。毎年カリフォルニアで東野のもとトレーニングを行い、ニュートリックは他のライダーの追従を許さない速さで習得し続ける。

釘村孝太率いる「TEAM THUGWAY」に所属。

池慧野巨(いけ・けやき)

和歌山出身/17歳
出場種目:NEXT X Skateboard Street Final(アマクラス)

7歳からスケートボードに乗り続け、現在17歳。ストリートからトラン ジッション、ハンマートリックから日本人が得意とする繊細な複合ブロックトリックまで、すべてを得意とするパーフェクトスケーター。

ここ数年は活動の場所を日本から世界へ広げ、フィルミングからコンペティション まですべてのフィールドで結果を残し、世界から注目されている。昨年と今年は自身のフルパートをモンスターエナジーからグローバル配信された。

小さな身体から想像を遥かに越えるビッグトリックをメイクする池慧野巨は今後、世界で活躍することを約束された、数少ないリアルモンスターに違いない。

選手独占インタビュー

―出場おめでとうございます。出場を迎えた感想を教えてください。

東野FMXのカテゴリーは世界のトップ10のライダーしか呼ばれないので、ずっとFMX出場を夢に頑張って来ました。2007年に夢が叶ってあっと言う間に12年経ちました。自分でもまさかここまで長く招待されるとは思っていなかったので、素直に嬉しいですね。

渡辺ありがとうございます!素直に嬉しいです。

ありがとうございます!アマチュアクラスのNEXT X Skateboard Street Finalに出場できて嬉しいです。

―今回のX Gamesに関しての意気込みを教えてください。

東野今までの自分のレベルの中でも一番調子良いです。が、周りのレベルが上がり過ぎてます。ベテランの走りをします。

渡辺もちろん出場するからにはメダル狙っていきたいですね。

油断せずに、やる技をしっかりまとめてやり尽くします。

―現在の仕上がりはどうですか?

東野今までの自分のレベルの中では一番良いですが、トップ3に入るにはプラス危ない事をしないとダメです。後一歩ですが、命に関わるレベルになっているので迷います。

渡辺練習もしっかりできているので、調子は良いです!僕が出場する種目は2種目です。1つはBEST WHIP (ベストウィップ)で、スタイル重視。どれだけスタイリッシュにバイクを捻じれるか。どれだけバイ クを寝かせるかを競うコンテストです。

もう1つはQuarterPipe High Airで、初めて出場するので、X Games開催の3週間前にアメリカ入りして初めて飛ぶ感じですね。

最近は撮影が多かったので、あまり練習ができていないですが、これから練習していきます。

―理想の演技はどのようなイメージですか?

東野80%の実力で余裕を持って走る。これがベストです。100%で走ると骨が折れます。

渡辺僕は4種類ぐらいスタイルの違うWHIPを持っています。それをいかにカッコよく、大きく出せるか、自分との闘いだと思っています。理想としているWHIPを本番でもしっかり出せたら良いですね!

うまくルーティーンを作って、できるだけ全部のセクションに技を入れていくことです。

―意識している選手はいますか?

東野自分の恐怖心。レースでは無いので、誰がとかでは無く、自分の恐怖心に勝ち、自分の理想の走りをすることです。

渡辺同じモンスターアスリートのアクセル・ホジェスとジェレルド・マクニール。あとはかなりスタイリッシュなタイラー・ビアマンです。

ゲスタボ・リベーロですかね。アマチュアとは思えないくらいかなり上手いです。

―ファンに向けて一言お願いします。

東野今年は自分に対してもう一度挑戦する年にしたいと思ってます。結果はどうあれ全力でやってみて、どうなるかを見守っていてください。リスクしかありませんが、残り少ないX Gamesライフに賭けてみます。応援よろしくお願いいたします。

渡辺皆さんいつも応援ありがとうございます!この競技のジャッジは皆さんです。ぜひTwitterでカッコいいと思うライダーの名前を打って、7/19~7/22の間、X Games MinneapolisのBEST WHIPが開催されている時間にツイートしてみてください!

全力で頑張ってきますので、カッコいいと感じた時にツイートしてもらえたら嬉しいです!

海外でまだ好成績を残していないので、今回のX Gamesで良い成績を残したいです。応援よろしくお願いします!

X Games

X Gamesは、選び抜かれた選手のみが参加を許される世界最高峰のアクションスポーツの祭典。「Extreme Games」として1995年に始まり、今年で24年目になる世界一決定戦です。

2007年に東野貴行が初の日本人FMXライダーとして出場し、今年で出場12年目。渡辺元樹は2015年に日本人として初めて「スピード&スタイル」に参戦を果たすなど、今後も日本人選手の活躍が期待されています。

モンスターを飲んで、ますます盛り上がりを見せるアクションスポーツを一緒に応援しよう!

キャンペーン概要

名称:モンスターを買ってSUMMER X GAMES’18を応援しよう!
対象期間:2018年6月4日(月) ~8月31日(金)
対象店舗:フジ、ダイレックス、ザグザグ、ジャパン、関西スーパー、タカラ・エムシー、ゲンキー 各店
賞品:
モンスターエナジースケートボード
モンスターエナジーTシャツ ※男性用S-M-Lサイズ
モンスターエナジーリストバンド など

※キャンペーンの賞品詳細は各店舗の応募ハガキをご確認ください。

先着コース:
モンスター対象商品2本同時購入で、 モンスターエナジーオリジナルステッカーを1枚プレゼント
※各店舗先着20名様
※無くなり次第終了とさせていただきます。
※対象期間、対象商品、各賞品の当選人数、応募方法は対象店舗によって異なります。詳細は上記Webページをご確認ください。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング