アーティストとアスリートのためのビジネスワークショップ Vol.0

2019.05.29
FINEPLAY編集部

2017年春に東京大学で開催された自主ゼミ「ストリートと社会(#SCAUT)」や、2015年に2度開催されたキャリアカンファレンス「ARTIPENDENT」で好評を博した、プレイヤーのための実践的キャリアワークショップが再び帰ってきます。

今回は、さまざまなシーンにリンクする3者による共催という形式で実施。2017年の東大ゼミ卒業生が立ち上げた、ナイトカルチャー発のITベンチャー「NEWSKOOL」、株式会社ZETAが運営するストリートやアクションスポーツシーンを広くカバーするメディア「FINEPLAY」、そして東大ゼミやARTIPENDENTを主宰したNPO法人「Street Culture Rights(プロジェクト名:RAW SKOOL)」がコラボレートしての開催となります。

ストリートシーンやアクションスポーツのシーンが拡大すると同時に、プレイヤーとして活躍を続けながら自身のキャリアの土台を固めていくことは、他のメジャースポーツなどと同様にこれからますます重要になっていく時代。
今回はそうした現役アーティストやアスリートを主な対象として、実際に自分たちのアイディアをカタチにしていくためのベースとなる様々な実践的スキルを講師がシェアするワークショップとなります。

アーティストとアスリートのためのビジネスワークショップ Vol.1

日程:2019年6月30日(日)
13:00〜18:00 講義&ワークショップ
18:00〜20:00 懇親会

対象:
・アーティストやアスリートとして活動する傍ら、ビジネス的なスキルを学んでみたい方
・自分のアイディアをカタチにする方法に悩んでいる方
・企業やビジネスにおける共通言語を理解したい方
・その他、学生やビジネスパーソンで上記のお悩みを抱えている方

内容:
第一部:講義(1時間)
・ビジネスに必要とされる基本的な意識(心)、思考(技)、行動(体)を理解しよう
・ありがちな失敗と落とし穴(講師自身の体験も踏まえて)

第二部:実践ワークショップ(4時間)
・ストーリーから企画書づくりまで、実際にアイディアや構想を組織や企業に伝える方法を身につけよう
・提案ワークショップとフィードバック

※内容は変更になることがあります。

料金:
25歳未満 3,000円
30歳未満 5,000円
30歳以上 10,000円
※収益は目的ではなく、おカネを払って学んでいただくことで、集中力を上げてもらうのが目的です。
※必要経費を差し引いた金額を、ワークショップの成績優秀者に賞金として配分します。優秀者が出なかった場合、次回にプールします。

申し込みフォーム:https://forms.gle/qKKugZb1aB8T5V6c9

場所:株式会社blowout 〒107-0052 東京都港区赤坂4-3-27
定員:15名(予定)
主催:株式会社ZETA、合同会社NEWSKOOL、特定非営利活動法人Street Culture Rights
協力:株式会社blowout

講師:阿部将顕/Masaaki Abe(@abe2funk)
大学時代からブレイキンを始め、国内外でプレイヤーとして活動しつつも2008年に株式会社博報堂入社。2011年退社後、海外放浪やNPO法人設立を経て独立。現在に至るまで、自動車、テクノロジー、スポーツ、音楽、ファッション、メディア、飲料、アルコール等の企業やブランドに対して、事業戦略やマーケティング戦略の策定と実施を行う。現在、戦略ブティックBOX LLC代表、NPO法人Street Culture Rights共同代表、(公財)日本ダンススポーツ連盟ブレイクダンス部広報委員長。建築学修士および経営管理学修士。

関連キーワード
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
おすすめのイベント
直近のおすすめはありません
直近のイベント
直近のイベントはありません
イベントスケジュール
12月 2019
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 11月   1月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング