女子スケートボードパークの表彰台を日本人スケーターが独占【X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo】

2022.04.24
四十住さくら photo:Brett Wilhelm / ESPN Images

4月24日(土)X Games Chiba 2022 Presented by Yogiboの2日目は、のべ1.5万人の来場者と晴天に恵まれ、男子スケートボードストリート予選、男子スケートボード バート ベストトリック、女子スケートボードパーク決勝、男子BMXパーク決勝、モトエックス ベストウィップ、男子BMX ストリート決勝が開催されました。

男子スケートボードストリート予選で地元のヒーロー堀米雄斗が予選を1位で通過した後、男子スケートボード バートではベストトリック決勝が開催されました。アメリカのミッチー・ブルスコは4本目にビッグ・フリップ・マック・ツイストを決め、自身2度目となる1080をメイクした昨年の金メダリスト、ギー・クーリから金メダルを奪取しました。2021年に同じトリックで金メダルを獲得したギー・クーリですが、ハンドドラッグがミッチー・ブルスコに金メダルをもたらしました。クレイ・クライナーは6本目にノーグラブのビッグ・フリップを決めて3位に滑り込みました。

堀米雄斗 ©Brett Wilhelm/ESPN

女子スケートボードパークでは、X Games史上2回目の日本人が表彰台独占という快挙を成し遂げました。東京五輪で金メダルに輝いた四十住さくら(ベンヌ)は、X Gamesで初の金メダルを獲得しました。

彼女の2本目は、バックサイド180からボックス越えのフェイキー、フェイキーノーズブラント、バックサイドオーリー、バックサイドエア、ジュードー、ディープエンドコーナーを通るフロントサイドスミスグラインド、ワンフットバックディザスター、リップスライド、オーリー540、ファストプラントを披露しました。

予選トップで通過した開心那が2度目のX Games銀メダルを獲得、X Games 2021銀メダルの手塚まみは銅メダルで表彰台に立ちました。

X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo
開心那(左) 四十住さくら(中央) 手塚まみ(右) ©Yoshio Yoshida / ESPN Images

男子BMXパーク決勝は、X Games Minneapolis 2019でふたつの金メダルを獲得したローガン・マーティンが再び金メダルを手にしました。

マーティンの3本目は、フレアウィップ、トリプルテイルウィップ、テイルウィップトランスファー、720、ダウンサイドウィップ、ノーハンダー、ポケットダウンサイドテールウィップ、トリプル逆テールウィップ、フレアダウンウィップ、フレアという彼のベストなものでした。

X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo
ローガン・マーティン ©Naoki Gaman / ESPN Images

ルーキーのジャスティン・ダウエルが銀メダルを獲得し、X Games 2021金メダリスト、ケビン・ペラザが銅メダルを獲得しました。日本の中村輪夢は予選を1位で通過したものの、決勝は6位でフィニッシュしました。

ここで競技は一旦ストップさせて、X Gamesの魅力でもある音楽ライブにストリートカルチャーともゆかりの深いロックバンドMAN WITH A MISSIONが登場。次世代を担う日本トップクラスのスケートボードとBMXのキッズライダーのデモンストレーション、そしてMoto Xのライダーが飛び交うなか演奏を行いました。

X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo
MAN WITH A MISSION ©Daisuke Sakai

X Games 2021 モトエックス ベストウィップの金メダリストであるトム・パーソンズは、4本目の無敵のウィップで金メダルの防衛に成功した。タイラー・ベアマンは5個目のX Games モトエックス ベストウィップのメダルとなる銀メダルを獲得、ルーキーのジュリアン・ヴァンシュティッペンは銅メダルを獲得しました。

X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo
トム・パーソンズ ©Yoshio Yoshida / ESPN Images

この日、最後の決勝となった男子BMX ストリートは、オーストラリアのルイス・ミルズがX Games初の金メダルを獲得し、幕を閉じました。23歳のミルズは、出場ライダーの中で最年少の金メダル獲得というサプライズも。

X Games Chiba 2022 Presented by Yogibo
ルイス・ミルズ ©Jason Halayko / ESPN Images

ミルズのウイニングランは、バースピン → ペググラインド → マニュアル → トゥースピックハンガー180 → トゥースハンガーバースピン → オポジットテイルウィップ → トラックドライバー → ダブルペグアップレール → ハードウェイ360 → クロックドグラインド → バースピン → マニュアル → クルークグラインド → 180 → バースピン → 180でブザーを迎えたものでした。

アメリカのデボン・スミリーは再び銀メダルを獲得し、X Games 2021の金メダリストでストリートの人気者であるギャレット・レイノルズは銅メダルに留まりました。

Results

男子スケートボードストリート予選
1. Yuto Horigome (JPN)
2. Dashawn Jordan (USA)
3. Lucas Rabelo (BRA)
4. Jagger Eaton (USA)
5. Sora Shirai (JPN)
6. Kelvin Hoefler (BRA)
7. Jake Ilardi (USA)
8. Daiki Ikeda (JPN)
9. Zion Wright (USA)
10. Kairi Netsuke (JPN)
11. Gavin Bottger (USA)
12. Kieran Woolley (AUS)
13. Liam Pace (USA)
14. Chris Joslin (USA)
15. Clay Kreiner (USA)

スケートボードバートベストトリック
1. Mitchie Brusco (USA) 金メダル
2. Gui Khury (BRA) 銀メダル
3. Clay Kreiner (USA) 銅メダル

4. Moto Shibata (JPN)
5. Jimmy Wilkins (USA)
6. Tate Carew (USA)
7. Edouard Damestoy (FRA)
8. Elliot Sloan (USA)

女子スケートボードパーク
1. Sakura Yosozumi (JPN)
2. Cocona Hiraki (JPN)
3. Mami Tezuka (JPN)
4. Bryce Wettstein (USA)
5. Kisa Nakamura (JPN)
6. Minna Stess (USA)
7. Ruby  Lilley (USA)
8. Yndiara Asp (BRA)

BMXパーク
1. Logan Martin (AUS) 金メダル
2. Justin Dowell (USA) 銀メダル
3. Kevin Peraza (MEX) 銅メダル

4. Declan Brooks (GBR)
5. Daniel Sandoval (USA)
6. Rim Nakamura (JPN)
7. Jeremy Malott (USA)
8. Marin Rantes (CRO)

Moto X Best Whip
1. Tom Parsons (USA) 金メダル
2. Tyler Bereman (USA) 銀メダル
3. Julien Vanstippen (BEL) 銅メダル
4. Genki Watanabe (JPN)
5. Axell Hodges (USA)
6. Ryusei Suzuki (JPN)

BMX ストリート
1. Lewis Mills (AUS) 金メダル
2. Devon Smillie (USA) 銀メダル
3. Garrett Reynolds (USA) 銅メダル

4. Broc Raiford (USA)
5. Alex Donnachie (GBR)
6. Chad Kerley (USA)
7. Matt Ray (USA)
8. Courage Adams (NGR)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
5月 2022
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 4月   6月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧