ジャズピアニスト・Jason Moranによるジャズ × スケートボードの即興セッションイベント 「SKATEBOARDING Tokyo」が日本初上陸!

2019.12.06
FINEPLAY編集2部

自身もかつてスケーターだったというジャズ・ピアニストのジェイソン・モランが、自らの発案でアメリカ各地で開催してきた、ジャズの生演奏とスケートボーダーによる即興セッション・イベント、”SKATEBOARDING” が日本初上陸。

その傑出した才能と技術力で、ロバート・グラスパーチャールス・ロイドなど世界の名だたる音楽家や芸術家へ影響を与え、リスペクトを集めるピアニスト、ジェイソン・モラン。作曲家であり教育者でもある彼が、愛する二つのカルチャー、ジャズとスケートボーディングの両方に共通する創造性・身体性・即興性を通じて双方の魅力に触れてもらい、新たな化学反応を起こしたいという想いで始めた即興セッション・イベント、”SKATEBOARDING”。

Ando Nesia (FTC)

これまでワシントンD.C.のケネディー・センターや、サンフランシスコのジャズ・センター、マイアミのヤングアーツ・ファウンデーションで開催されてきたこのイベントが、日本のトップ・ミュージシャンとトップ・プロスケーターを迎えて開催される。名実ともに日本ジャズ界を牽引するドラマー石若駿とベーシスト須川崇志、国際的にも活躍するプロスケーターであり、大のジャズ・ファンでもある戸枝義明、国内随一のスキルを誇る池田幸太やダイナミックなトリックで知られる北詰隆平がこの本邦初となるセッションに参加。さらにオープニング・アクトとして孤高のピアニスト、スガダイローが既に高い評価を得ているジェイソンとのデュオ演奏でジャズの偉人セロニアス・モンクの楽曲をスケート・パークにて披露する。

Ando Nesia (FTC)

二つの異なるシーンの最高峰のパフォーマーたちが繰り広げる、これまでに前例のない、スポーツ/ストリート・カルチャーとライブ・ジャズの即興セッションをお見逃しなく!

Ando Nesia (FTC)

出演者プロフィール

Jason Moran ジェイソン・モラン 

テキサス州出身、1999年に名門Blue Noteよりデビュー。現代を代表するジャズ・ピアニスト、作曲家であり、若手の育成に熱心な教育者。様々なコラボレーションにも積極的でECMからの作品も多数。元スケーターでヒップホップへの造詣も深い。

Jason Moran

スガダイロー Dairo Suga

鎌倉出身。山下洋輔に師事し、その後米バークリー音楽大学ジャズ科を卒業。志人 (降神)、KILLER-BONG (BLACK SMOKER)、向井秀徳 (ZAZEN BOYS)、灰野敬二など異色の共演を重ね、日本のジャズに旋風を巻き起こし続けるピアニスト/作曲家。

 石若駿 Shun Ishiwaka

札幌出身。13歳よりクラシック・パーカッションを始め、東京藝術大学音楽学部器楽科打楽器専攻を卒業。ジャズを中心に様々なジャンルで活躍する若手実力派のドラマー。くるりやKID FRESINOのサポートも務める。

 須川崇志 Takashi Sugawa

群馬県出身。11歳でチェロ、18歳でベースを始め、バークリー音楽大学卒業後は辛島文雄トリオを経て、日野皓正バンドのベーシストを6年間務める。東京ジャズ、デトロイト、モントルーなど国際ジャズ・フェスティバルにも多数出演。

戸枝義明 Yoshiaki Toeda

藤沢出身。湘南のChatty Chattyクルーの花形ライダーであり、国際的な注目を集めるプロ・スケートボーダー。大のジャズ・ファン。スポンサーはWestern, Edition, adidas Skateboarding, Murasaki Sports, FTC, Nixonなど。

戸枝義明

池田幸太 Kohta Ikeda

東京出身。プロ・スケートボーダー。精密なライディングに定評があり、ストリートのプロップスも厚い。スポンサーはadidas skateboarding, Nixon, FP insole, Modus Bearingなどで、海外スケート・ブランドやメディアのビデオにも多数出演。

池田幸太

 北詰隆平 Ryuhei Kitazume

藤沢出身。戸枝義明と共に湘南のスケート・シーンを牽引する新世代プロ・スケーター。難易度の高いトリックも余裕で決めるスキルの高さで知られる。スポンサーはWestern Edition, SUPRA, Murasaki Sports, JSLV, Nixon, FTC, 9FIVE, Bonesなど。

北詰隆平

 本郷真太郎 Shintaro Hongo

横須賀出身。父親もスケーターだったという環境で育ち、既にDCの欧州ツアーにも参加するなど、グローバルな活躍を見せる2000年生まれの新世代プロ・ライダー。スポンサーは DC , WKND(flow), Spitfire, Independent, Telepathy Wax。

本郷真太郎

 有馬昂希 Kouki Arima

横須賀出身。国内のスケートのメッカの一つである横須賀で鍛え上げられた技を誇り、カナダはバンクーバーへの留学経験もある期待の若手ホープ。スポンサーは ours skateboard&Co , IFO , Ace Trucks , Clumsy , The Peace など。

有馬昂希

  Conomark コノマーク

砂丘出身。ヒップホップをバックグラウンドに、ジャズからハウス・ミュージックまで、ブラック・ミュージック特有のグルーヴとサイケデリアをジャンルレスにミックスするDJ。BLACK SMOKERやJazzy Sportsなどから複数のCDをリリース。

イベント概要

12/14 (Sat)  Jason Moran “SKATEBOARDING” Tokyo
Open 14:00/ Start 15:00 End 17:30
会場: MURASAKI PARK TOKYO (室内パーク)
(東京都足立区千住関屋町19−1 アメージングスクエア内)
Opening Act:  
Jason Moran (Piano) x スガダイロー (Piano) “Play Thelonious Monk”
Main Session: “SKATEBOARDING”
Jason Moran (Piano), 石若駿 (Drums), 須川崇志 (Bass) x 戸枝義明, 池田幸太, 北詰隆平、本郷真太郎、有馬昂希
DJ: Conomark

TICKET:
座席 Seated 前売 ¥5,000 / 当日 ¥5,500 (限定60席) 
立見 Standing  前売 ¥3,800 / 当日 ¥4,300
Skater Discount ¥2,500 ※会場にスケートボード持参の方
18歳以下 ¥2,500
12歳以下 無料 *保護者同伴
※スケートボードを持参される方へ
・室内パークでの滑走はご遠慮ください。
・室外パークでの滑走は開場から開演までの時間ご自由にお楽しみください。
・滑走される方はヘルメットの着用が必須です。その他、ムラサキパーク利用条件をお守りください。

執筆者について
FINEPLAY編集2部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
9月 2020
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 8月   10月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧