【北京五輪2022スノーボード】大塚健が「キャブトリプルコーク1800」の大技で予選を2位通過!男子ビッグエア種目

2022.02.14
txext by 橋田 樹台 / Jason Halayko / Red Bull Content Pool

2022年2月14日に、北京五輪のスノーボード競技・男子ビッグエアの予選がビッグエア首鋼で行われ、大塚健(おおつか・たける)(20)が大技の「キャブトリプルコーク1880」を決め、160・00点の高得点をスコア。2位で予選を突破した。

大塚は3回目のランにて 、逆スタンスで入り縦3回転、横5回転をする「キャブトリプルコーク1800」の大技を決め、91・50点の高得点をたたき出した。

また、国武大晃(くにたけ・ひろあき)(20)が合計158・25点の4位で予選を突破。
濱田海斗(はまだ・かいと)(22)、飛田流輝(とびた・るき)(22)は得点を伸ばせず、決勝進出はならなかった。

明日の男子決勝ランは2月15日 14:00~行われる。

大塚健 選手 / Lorenz Richard / Red Bull Content Pool

選手は一つの大型ジャンプ台から飛び出して空中技を披露し、難易度や完成度、高さ、着地などを競う。6人の審判が100点満点で採点。最高と最低を除いた平均点で競われる。予選は3回滑り、高い方から2回の合計得点で順位を決め、上位12人が決勝に進む。決勝は3回滑り、高い方から2回の合計得点で順位を決める。

予選結果

<男⼦>

1位 マックス・パロット(カナダ)
2位 大塚 健(日本)
3位 レドモンド・ジェラード(アメリカ)
4位 国武 大晃(日本)
5位 蘇 翊鳴(中国)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、BMX、FMX、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を提供するWebマガジン
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
5月 2022
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
« 4月   6月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧