Street & Action Sports
SNOW
2017.04.13
総製作時間260時間!角野友基も滑った世界に一つだけのスノーパーク
FINEPLAY編集部
SNOW
2017.04.13
総製作時間260時間!角野友基も滑った世界に一つだけのスノーパーク

総製作時間260時間!角野友基も滑った世界に一つだけのスノーパーク

“ノー・コーク!” :テクニカルなトリックよりもテクニカルなフィーチャーを重視したスノーパーク

マーク・マクモリスセバスチャン・トータントはスノーボード・スロープスタイルの双頭の龍だ。コーク系をはじめとする高難度のトリックを次から次へとメイクできる実力を備えている2人は、ビッグイベントの表彰台に立ち続けてきた。
しかし、スノーボード史上最高難度のトリックをメイクできるからと言って、2人がこのスポーツをその方向にプッシュしたいのかというと、そうではない。
今回紹介するRed Bull Uncorkedは、テクニカルなトリックではなく、テクニカルなフィーチャーに焦点を当てたスノーパークプロジェクト。
マーク・マクモリスとセバスチャン・トータントは、マークの実兄クレイグの力を借りながら、自分たちが思い描く未来のスノーパークをデザインし、それをカナダ・バンクーバーのグラウス山に建造した。
トップライダーがトリックではなく、フィーチャーに注目してデザインしたスノーパークがこのRed Bull Uncorked。しかし、そこでメイクされるトリックが大人しかったかというと、そうではなかった。

Red Bull Uncorked

photo:Scott Serfas/Red Bull Content Pool

セバスチャン・トータントは「今回のプロジェクトは、クリエイティブになれるフィーチャーやシンプルなトリックが楽しめるフィーチャーを用意したスノーパークを建造するために立ち上げられたんだ。スノーボードは元来そういうスポーツだからね。トリプルコークみたいな危険なビッグトリックを毎日メイクすることがこのスポーツの目的ではないんだ」と説明している。
また、マーク・マクモリスも「スノーボードがどれだけ面白いスポーツなのかをアピールして、このスポーツを楽しむ人口を増やす必要があると感じているんだ。僕たちがイベントでやっていることは一般人には無理だからね」
今回のプロジェクトにはマクモリス兄弟とトータントに加え、角野友基、スコッティ・ジェームズ、マイク・チカレリ、タイラー・ニコルソンも参加している。

Red Bull Uncorked

photo:Scott Serfas/Red Bull Content Pool

セッションに参加した角野友基は
「クリエイティブなコースでとても面白く、出来ればもう少し滑り込みたかったです。今後の大会でどのようなアイテムが出てくるか分かりませんが、様々なキッカーを経験することが出来、経験値を向上することができました。ここまで長い時間海外のトップライダーと滑ることがあまり無かったので毎日が刺激的でした。スキルはもちろんクリエイティビティの点でも学ぶことが多かったです。今後のライディングにおいても良い刺激をもらえました」
とコメントしている。

Red Bull Uncorked

photo:Scott Serfas/Red Bull Content Pool

Red Bull Uncorked

photo:Jussi Grznar / Red Bull Content Pool

Red Bull Uncorked

photo:Scott Serfas/Red Bull Content Pool

この記事が気に入ったら
FINEPLAYの最新情報を毎日お届け
執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
読まれてる人気の記事
あわせて読みたい
編集部おすすめ
アクセスランキング
カテゴリー
FINEPLAY