「メンタルを強くして試合に挑むことが必要」サーファー森大騎

2019.12.25
FINEPLAY編集部

【インタビュー/FINEPLAY】アマチュア時代からロングボードのコンペティションで圧倒的な強さをみせ、ロングボードプロ転向後、2009年、2015年、2016年と3度のJPSAロングボード年間グランドチャンピオンに輝き、現在はシェイパー兼プロロングボーダーとして活躍している森大騎(TAIKI MORI)。現在の活動、サーフィンの環境、理想のサーファー像について語ってもらった。

film & edit:cyanworksandfilms

森大騎 プロフィール
10歳よりサーフィンを始め、アマチュア時代は日本サーフィン連盟のロングボード競技にて参加する大会で軒並み優勝し、話題となる。19歳でプロに転向。プロ転向後、初の大会で優勝し、史上最年少で年間チャンピオンを達成する。

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
イベントスケジュール
2月 2020
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29  
« 1月   3月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング