炎のサーフィンでタヒチのチョープーを果敢に攻めるJamie O’Brien

2015.08.21
FINEPLAY編集部

Jamie O’Brienが炎を身にまといタヒチのチョープーでサーフィンに挑む

サーフィンの聖地のひとつとして知られるノースショアに生まれたJamie O’Brien。
2004年、世界トップクラスのプロサーファーが集うトリプルクラウンの最終戦、パイプラインマスターズにおいて優勝したプロサーファーだ。

そんなJamie O’Brienがとんでもないサーフィンを披露している。ビラボンコンテストの巨大な波で有名なタヒチはチョープーがその舞台。
ウェットスーツに特殊な塗料を塗り、なんと着火。炎を身にまとったJamie O’Brienは臆することなく、パイプラインを見事に乗りこなしていく。

この動画の最後には、”炎のサーフィン”を見事成功させたJamie O’Brienを称えるようにガッツポーズするシーンや喜びを分かち合うJamie O’Brienたちの姿がおさめられている。
一味違ったエンターテイメント性の高いサーフィン動画になっている。

Jamie O’Brien Surfs Teahupo’o on Fire!

出典:YouTubeRed Bull)

執筆者について
FINEPLAY編集部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング