あらゆる”横乗り”に夢中な13歳が掲げる夢「スタイルのあるサーファーになりたい」

2021.02.12

新しい風が吹いている。ここに紹介する徳田 凱くんを見ていてそう思う。

もちろん、これまでにも親子サーファーは多くいた。しかしこれまでと違うのは、彼の両親がプロサーファーやプロの世界での活躍を志したサーファーではないこと。アウトサイダーでもなく、学歴社会をきちんと歩んできた人物であるということだ。

それでいてライフスタイルとしてサーフィンを楽しみ、その背中を見て育った凱くんは、既に大会で上位入賞する力を備え、中学1年生にして「スタイルのあるサーファーになりたい」と口にする。

実際に多彩なデザインのショートボードに乗り、ロングボードにも興じる。波次第で使用ボードを変えるサーフィンライフを送っているのだ。

一方、6歳で始めたスケートボードではパーク種目における最高峰の舞台のひとつ「バンズ・パーク・シリーズ」をはじめとして世界を目指す。さらに冬にはスノーボードで雪山へ。

勉強も好きだというから、どうにも未来の姿が楽しみになるのである。

memo
現在13歳の徳田凱くんは湘南生まれの湘南育ち。会社員でサーファーの父、ボディボーダーの母のもと、幼少期からビーチをはじめとした屋外で多くの時間を過ごして育ってきた。

既に戦歴は多く、2019年には、サーフィンとスケートボードの2種目で競われる「ザ・サーフスケーターズ」の24歳以下クラスで総合優勝を果たした。憧れの存在には、サーフィンの実力もプロ並みのプロスケーター、カリフォルニア出身のカレン・ケープルスを挙げる。

photo by 熊野淳司
text / edited by 小山内 隆

OCEANS_logo

(この記事はOCEANS:連載 SEAWARD TRIPより転載)
元記事は関連リンクへ↓

執筆者について
FINEPLAY編集2部
FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、フリースタイル、クライミングなどストリート・アクションスポーツに関する情報を発信するスポーツメディアです。
ピックアップフォト
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

直近のワークショップ
直近のワークショップはありません
おすすめのイベント
イベントスケジュール
6月 2021
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     
« 5月   7月 »

●今日 ○イベント開催日

ピックアップフォト
編集部おすすめ記事
アクセスランキング
FINEPLAY
アクションスポーツ・ストリートカルチャー総合メディア

FINEPLAYはアクションスポーツ・ストリートカルチャーに特化した総合ニュースメディアです。2013年9月より運営を開始し、世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミング、パルクール、フリースタイルなどストリート・アクションスポーツを中心としたアスリート・プロダクト・イベント・カルチャー情報を提供しています。

アクションスポーツ・ストリートカルチャーの映像コンテンツやニュースを通して、ストリート・アクションスポーツの魅力を沢山の人へ伝えていきます。

配信先メディア一覧