|

SURF

“ステファニー・ギルモア”が6度目のASP Women’s世界チャンピオンに輝く

“ステファニー・ギルモア”が6度目のASP Women’s世界チャンピオン

ASPウイメンズWCT最終戦「ターゲット・マウイ・プロ presented by シック・ハイドロ・シルク」は、現地時間の11月27日にイベントファイナルデイを迎え、カリッサ・ムーア(HAW)が、激しいバトルとなったファイナルで、タイラー・ライト(AUS)を下し優勝を飾り、注目の2014シーズンのワールドチャンピオンはステファニー・ギルモア(AUS)に決定!

「今シーズンにおけるツアーのサーフィンの質は、過去最高のものだったと思います」「イージーヒートはなく、今まで自分 が獲得した中で最もハードなタイトルでした。
タレント・レベルは、年々上がりそうですね。でも、タイトルを獲得出来て本当に嬉しいです。友達、家 族、スポンサー、みんなのサポートに本当に感謝したいです。」と、ギルモアがコメントした。
今回ギルモアの6回目のASPワールドタイトル獲得は、ウイメンズレコード最多7回の記録保有者であるレイン・ビーチェリー(AUS)にあと一つに迫る記録。

2014ウィメンズWTC最終ランキング

1. ステファニー・ギルモア(AUS)64200pt
2. タイラー・ライト(AUS)62200pt
3. カリッサ・ムーア(HWA)61400pt
4. サリー・フィッツギボンズ(AUS)60700pt
5. マリア・マヌエル(HAW)43600pt

■関連記事

史上最年少ワールドチャンピオンを狙うブラジルの超新星プロサーファーガブリエル・メディーナ

世界最高峰のサーファー達にとって最も特別な大会といわれる「トリプルクラウン」Highlightまとめ

シャークアタックで左腕を失いながらもプロを目指して再起したソウルサーファー、ベサニー・ハミルトンが本当にすごい

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP