|

SURF

“新井洋人”Red Bullから唯一サポートされている日本人プロサーファー

世界に最も近いRed Bullアスリート新井洋人

今、大野修聖に次ぐ世界に近い日本人サーファーのひとりとしてクレジットされるのが新井洋人。
サーフショップを経営する親の影響で4歳でサーフィンを始め、練習を積みながらローカルの大会などで経験を積み、2008年から国内外の大会に参戦。
14歳の時に全日本アマチュア選手権ボーイズクラスで優勝、翌年のISA世界ジュニア選手権 U16で4位になって頃から世界のサーフィン界からも注目される存在となる。
国内のプロライセンスは持っていないが、2011年度に日本人で初めてRIP CURL INTERNATIONALと契約し、Red Bullアスリートとして世界の舞台に戦っている世界標準の次世代サーファー。
現在はオーストラリアのLennox Head Surf Training and Surf Coachingで世界で戦えるエリートサーファーになる為に技術とともに語学も学び、日々訓練をしているそう。
翼をさずけられた新井洋人、まだ日本人が果たしてないWT(ワールドツアー)で活躍する日もそう遠くないかもしれない。

Winter in JAPAN???????? Photo: @kaihamase

hirotoaraiさん(@hirotoarai)が投稿した写真 –

Wait What.

出典:Vimeo(Shannon Mackie)

WHAT IS THIS!

出典:Vimeo(Shannon Mackie)

■関連リンク

オフィシャルサイト

Facebook

■関連記事

若手有望株No1!爽やかイケメンサーファー加藤嵐の美技連発フリーライド

“大原洋人”『US OPEN of SURFING』世界の舞台で日本の若きサムライが歴史に名を刻んだ

“仲村拓久未”世界を見据えるJPSAグランドチャンピオン

この記事が気に入ったら

FINEPLAY の最新情報を毎日お届け

執筆者について
FINEPLAY編集部

FINEPLAY は世界中のサーフィン、ダンス、ウェイクボード、スケートボード、スノーボード、クライミングなどストリート・エクストリームスポーツに関する情報を提供するスポーツニュースメディアです。

あわせて読みたい
関連記事

TOP